豪雨で「避難」するタイミングはこう見極める

自分だけは大丈夫という楽観は命取りになる

また、避難というのは必ずしも避難所に行くことだけを指すわけではありません。たとえば避難勧告が出ていても、夜中や路面が冠水した状態で外に出るのはかえって危険です。その場合は、自宅やビルなどの上の階に避難する「垂直避難」を行ったほうがよいことも頭に入れる必要があります。

それでは、避難するかどうかはどこの情報をみて判断すればよいのでしょうか。

「正常化の偏見」のワナ

まずは、気象庁ホームページの「防災情報」の「危険度分布」というページをブックマークします。そして、台風などで大雨が降りそうになったときにこまめにチェックしてください。このページには、土砂災害、浸水害、洪水の危険度分布が表示されています。危険度に応じて色分けされているので、現在住んでいる場所の状況を把握するのに役立ちます。

気象庁ホームページの「洪水警報の危険度分布」。川ごとに危険度分布が色分けされている。濃い紫が「極めて危険」、薄い紫が「非常に危険」で、氾濫注意水位等を超えていれば避難勧告が出る(出所:気象庁HP)

また、「危険度分布」のタブのひとつに「雨の様子」もあります。そのうちの「雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)」では、1時間前から1時間後までの雨の様子が詳しくわかります。また、「今後の雨(降水短時間予報)」では、「雨雲の動き」ほどの精度ではありませんが、15時間後までの雨の降り方がだいたいわかります。

さらに、気象庁ホームページには、今後警報や注意報が出そうかどうか、いつ頃解除されそうかもひとめでわかるように表示されています。こちらは「気象警報・注意報」というページに表示されていますが、これも避難のタイミングを判断するのに役立ちます。

大雨による被害はある程度防ぐことができます。というのも、地震と違ってあらかじめ予測ができるからです。しかし、人間には「正常化の偏見」と呼ばれる心理があります。これは、「自分だけはなんとかなるだろう」という根拠のない楽観的な思い込みです。これによって、大雨に対する備えがおろそかになってしまうのです。

また、「せっかく避難したのに、何も起こらなかった」となると、なんとなく損をしたように思う人は多いのでは? そして、「危険な目に遭ったけれどなんとか生き残った」というエピソードは武勇伝として語られがちです。しかし、特に誰かを守らないといけない立場の人間は、「安全を考えて念のため避難しておこう」「念のため避難したけれど、何も起こらなくて本当に良かった」と意識改革をする必要があるのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT