ディズニーすら恐れる2020年人手不足の深刻

東京五輪関連に11万人のボランティアが必須

大会ボランティアの募集条件は「1日8時間で計10日以上の活動」を求めています。この表記から最低10日は大会ボランティアとして駆り出されることがわかります。1日8時間とほぼフル勤務状態なので、1人当たり80時間の労働力がボランティアに割かれます。

一般的なアルバイトスタッフの労働時間は、週当たりで4日×5時間の計20時間くらいが平均的です。つまり、アルバイトスタッフ1カ月分の労働力×11万人がボランティアに持っていかれることになります。

この東京五輪に伴う大量のボランティアを警戒しているのが、東京ディズニーリゾート(TDR)です。圧倒的な人気を誇っているアルバイトブランドで、これまで採用に苦戦したという話は聞いたことがありません。

ディズニーで働いてみたいという人気の源泉は、“ゲストに感動を届けることで自分も感動したい”という感動体験願望。これが4年に1度の世界的なイベントのボランティアで得られるであろう感動体験と一部で重なると予想されるのです。

2020年の東京五輪開催が決まったのは2013年。筆者はこの直後に東京ディズニーリゾートのキャスト採用責任者とお会いする機会がありましたが、彼はその時点ですでに、この点が採用に及ぼす影響について危機感を募らせていました。

アルバイト人気で絶対王者の東京ディズニーリゾートでさえこの状態。飲食店や小売り店など大量のパート・アルバイトスタッフを抱える業態の店長はどう対処すればいいのでしょうか。

ある飲食チェーンのA店長に、この東京五輪ボランティア募集の話を振ってみたところ、「それどころではない!」との答えが返ってきました。足元で人を確保するだけでも精いっぱいな状況だからです。

大会期間だけでなく前倒しで拘束時間が発生する

といって、2年後の話だと悠長なことを言っている場合でもないのです。なぜなら大会の雰囲気を醸成する一翼を担うボランティアスタッフには、活動のクオリティを担保するために研修受講が義務づけられています。

また2019年に開催されるラグビーワールドカップ日本大会と連携するという方針が打ち出されています。東京五輪の1年前に開催されるこのビッグイベントでもボランティア活動を行ってもらうことで、習熟度を増そうという狙いです。つまり大会期間だけでなく、来年の2019年から前倒しで拘束される時間が発生するのです。気づかないうちに「ボランティアのため、シフトに入れません」というパート・アルバイトスタッフが出てくる可能性が大です。

やっかいな点は、東京五輪の開催に前後して発生する人材需要が一過性であるということです。五輪が終われば人手不足は一気に緩和されます。右肩上がりの経済成長局面においては、人手不足に対応できたら成長によって人材増分を吸収してくれます。しかしオリンピック後の経済動向が不透明な日本においては、いかに構造的人材難に直面している「おもてなし産業」といえども、その後の雇用を維持できるかどうか微妙です。

現状の慢性的人手不足にどう対処すべきか、究極に忙しくなる五輪時期をどう乗り切るか、五輪後の景気後退にどう備えるか。現場の店長にとってみれば、東京五輪はジェットコースターのような現場運営を迫られる、非常にやっかいなイベントなのかもしれません。

「そりゃオリンピック期間は忙しいだろうし儲けたいけど、どうすりゃいいのかわからなくなりました。そもそも自分もホントは観に行きたいですからね」。目先の忙しさにいっぱいいっぱいなA店長は、半ばあきらめ顔です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。