松尾貴史"権力者モノマネ"がスカッとする訳

最初ムカつくが、次第に溜飲が下がってくる

今回は山名宏和氏による「松尾貴史」論です(写真:週刊女性PRIME)
古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していく、週刊女性プライムの人気連載。今回は山名宏和氏による「松尾貴史」論です。

松尾貴史 様

今回、勝手に表彰させて頂くのは松尾貴史さんである。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

松尾さんは僕が放送作家幼生期からいろいろと親しくさせて頂いている方なので、あらためて褒めるのも照れくさく、ここに取り上げるのは避けてきた。鮫肌文殊さんも同じだと思う。鮫肌さんにいたっては、松尾さんは彼を東京に呼んでくれた恩人なのだから。

それなのに、今回、勝手に表彰させて頂くことにしたのは、松尾さんが出演中の舞台、二兎社公演『ザ・空気ver.2 誰も書いてはならぬ』(全国ツアー中、9月2日まで)を観たからである。これまで松尾さんが出演する舞台は数々観てきたが、今回の役どころは、僕が知る限り最高のはまり役だった。

官邸記者クラブの記者たちと総理官邸を巡る騒動を描いたこの作品、松尾さんが演じるのは飯塚敏郎という保守系全国紙の論説副主幹である。この肩書がどれほどのものかは僕にはわからないが、ジャーナリストとしてはかなりの権威であることは確かだ。そんな立場にあるにも関わらず、大きな権力とずるずるべったりで、定期的に総理と寿司を食っていそうな、なんともいや~らしい権威なのである。という具合に、なんともムカつく人物なのだが、松尾さんが演じると、はじめはもちろんムカつくが、なぜか次第に溜飲が下がってくる

どうしてこんな奇妙な感想が湧いてくるのか。それは松尾さんが演じる飯塚から、まがいもの感が強烈に漂ってくるからだと思う。おそらく松尾さんは飯塚を演じつつも、飯塚に批判的であり、どこか物笑いの種にしているからだろう。飯塚の仮面の下に松尾さん自身が透けてみえる。松尾版“ガラスの仮面”だ。それがあのまがいもの感を生み出している。そして日頃から飯塚のような人物に不満を持っている僕たち観客は、そこに反応し、「よくぞ言ってくれた!」という快感を覚えるのだ。

次ページ姿勢は変わらない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。