安心・満足な出産はニュージーランドに学べ

現役女性首相が産む国で活躍する「助産師」

ニュージーランドの首都ウェリントン(写真:Robert Chang/iStock)

首相の出産に女性たちから熱い応援コメント

ニュージーランドの若き女性首相、ジャシンダ・アーダーン氏(38歳)が、6月21日に第1子を出産した。パートナーのクラーク・ゲイフォード氏は海釣りの番組を手掛ける放送関係者で、入籍はしていない。首相の復職後、ゲイフォード氏は主夫となって子育てを担う。

この連載の一覧はこちら

ニュージーランドは女性参政権が世界で初めて実現した国で、女性首相もアーダーン首相で、もう3人目だ。アーダーン首相が妊娠を公表したのは就任のわずか3カ月後で、首相の当時のSNSを見ると女性たちから熱い応援コメントが多数寄せられていた。巷の声も知りたいと、以前ニュージーランド取材でお世話になったリサーチコンサルタントのハナ・モリ・ロバートソンさんに直接聞いてみたところ、ニュージーランド国内に、首相が出産したことを批判するような声は出ていないそうだ。

ニュージーランドは助産師の活躍が有名な国。先ごろ出産して話題になったジャシンダ・アーダーン首相も、助産師とのツーショットをSNSに投稿して熱い感謝を述べた(写真:アーダーン首相のフェイスブックより)

首相が妊娠・出産・子育てを現在進行形でやっているということは、国の出産・育児政策にいったいどのような影響をもたらすのだろうか。

首相は自身のSNSに、出産後2番目の写真として助産師とのツーショットをアップした。助産師とは、医師に比べると実施できる医療行為は限られるが、妊婦健診、分娩介助、産後の育児支援などを専門的に行う医療職だ。

首相は「私たちの素晴らしい助産師のリビーさん」と名前も出して自分たち夫婦が世話になった助産師を紹介した。写真の中で、首相はひとりの女性に戻った顔をしている。柔和で、幸せそうだ。

次ページ助産師が活躍できる出産システムとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT