安心・満足な出産はニュージーランドに学べ

現役女性首相が産む国で活躍する「助産師」

ニュージーランドの首都ウェリントン(写真:Robert Chang/iStock)

首相の出産に女性たちから熱い応援コメント

ニュージーランドの若き女性首相、ジャシンダ・アーダーン氏(38歳)が、6月21日に第1子を出産した。パートナーのクラーク・ゲイフォード氏は海釣りの番組を手掛ける放送関係者で、入籍はしていない。首相の復職後、ゲイフォード氏は主夫となって子育てを担う。

この連載の一覧はこちら

ニュージーランドは女性参政権が世界で初めて実現した国で、女性首相もアーダーン首相で、もう3人目だ。アーダーン首相が妊娠を公表したのは就任のわずか3カ月後で、首相の当時のSNSを見ると女性たちから熱い応援コメントが多数寄せられていた。巷の声も知りたいと、以前ニュージーランド取材でお世話になったリサーチコンサルタントのハナ・モリ・ロバートソンさんに直接聞いてみたところ、ニュージーランド国内に、首相が出産したことを批判するような声は出ていないそうだ。

ニュージーランドは助産師の活躍が有名な国。先ごろ出産して話題になったジャシンダ・アーダーン首相も、助産師とのツーショットをSNSに投稿して熱い感謝を述べた(写真:アーダーン首相のフェイスブックより)

首相が妊娠・出産・子育てを現在進行形でやっているということは、国の出産・育児政策にいったいどのような影響をもたらすのだろうか。

首相は自身のSNSに、出産後2番目の写真として助産師とのツーショットをアップした。助産師とは、医師に比べると実施できる医療行為は限られるが、妊婦健診、分娩介助、産後の育児支援などを専門的に行う医療職だ。

首相は「私たちの素晴らしい助産師のリビーさん」と名前も出して自分たち夫婦が世話になった助産師を紹介した。写真の中で、首相はひとりの女性に戻った顔をしている。柔和で、幸せそうだ。

次ページ助産師が活躍できる出産システムとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT