あのLDHがカンヌで語った「世界戦略」の全容

メインステージのプレゼン全文を掲載

VERBAL:つまり、これらのコンテンツは、すべてLDHのアーティストによって社内で作り上げられたわけです。おそらく皆さんは、こんなことがなぜ可能なのかと思われるでしょう。世界のほかの国々と日本では、少々状況が違うんですね。視点を変えてご説明したいのですが、きっと、ルークが助け舟を出してくれると思います。

日本は、実にユニークなマーケット

VERBAL:J-POPやK-POPがお好きかわかりませんが、韓国と日本ではものすごく違うんです。もちろん中国とも、日本は違います。アジアという同じ地域ですが違います。日本では、今でも膨大な数のCDを売り上げています。そういうアーティストがまだ日本にはいるんです。東京には、いまだにタワーレコードがあって、CDやカセット、レコード盤も売っています。日本は、実にユニークなマーケットなんです。

VERBAL氏(写真:LDH)

この文化は、日本人が独自に作りだした産業によって成り立っています。もちろん減少傾向にはありますが。一方で韓国は、始めから海賊版の問題を抱えています。そして、大物アーティストが年間を通してコンサートをできるような会場がありません。ですから、韓国は世界に出ていくしかなかったのです。日本と韓国でのビジネスモデルはまったく違っていました。そういう状況の違いが、日本の音楽文化を独自のものにしたのです。

Luke Wood:サウンドも違いますね。

VERBAL:そうですね。韓国は国外の市場を対象にしているので、欧米の音楽のように聞こえる必要があります。日本は、日本独自のサウンドを創り上げました。ある意味、ものすごく排他的で、日本人のリスナーに合わせています。だからと言って、日本国外で活動しないというわけではありません。LDHは今、海外進出をしていますし、新しいコンテンツを海外にも広げようとしています。

Luke Wood氏(写真:LDH)

Luke Wood:1つ付け加えたいのは、言語的な問題です。K-POPでは、英語の歌詞がよく使われることもあり、それで世界に広まるということもあります。でも日本では、日本語です。基本的には、すべてが日本語ですのでそこは大きな違いですね。

VERBAL:たしかに。そして、日本は歌の構成がとても独特です。

Luke Wood:VERBALがいつか楽曲をプロデュースしているときに、驚きました。ブリッジが4回くるんです。最後にはわかったけど、「うわ~、違う!」って感じでしたね。

VERBAL:日本の観客に響くキッカケがあるんですよ、絶対に。日本のアーティストと仕事をするのなら微妙なニュアンスは忘れてください。必要なのは、サビとメロディ。ある種の配列みたいなものがあって、その配列で聴く人は心地よさを感じるんでしょうね。もちろん、もっと新しいことを求めてもいいんですけど、たいていは、聴く人が心地よく感じる形式があるんです。僕たちは、それをゆっくりと変えていこうとしています。

次ページAfrojackさんがLDHに参画した理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。