異色の社長が導いた「松竹」復活への軌跡

これまでの苦節や挫折を迫本社長に聞いた

キーワードを基に様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回のゲストは、松竹株式会社社長の迫本淳一氏。経営状態が悪かった松竹の立て直しと、これまでの苦節、挫折について聞いた。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

迫本淳一氏は、1953年、東京都の出身。1976年に慶応義塾大学経済学部を卒業後、1978年に法学部を卒業。その後、不動産関連の会社に入社し37歳で司法試験に合格。法律事務所に勤務後、米国ハーバード大学ロースクールの客員研究員に。1998年、松竹株式会社に入社。2004年より代表取締役社長に就任している。迫本氏は45歳で副社長に就任して以来、経営状態が悪く赤字続きだった松竹を立て直した。

――今は歌舞伎も人気で、とてもそんな状態だったとは信じられないくらいですが立て直しの秘けつは何だったのでしょうか?

秘けつなんていうとおこがましい感じがするのですが、振り返ってみると、そのとき、そのときに社員と会社が一丸となってそのときの状況に対応できたことがよかったのかなと思います。

苦節10年 司法試験に合格 挫折に学ぶ

――1つめのキーワードは「苦節10年 司法試験に合格 挫折に学ぶ」。迫本社長は大変ユニークな経歴で驚いたのですが、まず不動産関連の会社に就職したあと、一念発起して司法試験を目指したということですが、そのきっかけは何だったのですか。

法律には興味があったのですが、弁護士になってからビジネスの世界に行けたらと考えました。さらに世界的フィールドで活躍できるようになりたいという思いで弁護士を目指しました。

――当時、すでに結婚していたとお聞きしましたが奥様はどんな反応でしたか。

家内は基本的にはいつも応援してくれます。私は勉強に長い時間がかかったのですが一貫して応援してくれました。

次ページ司法試験の結果は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。