石巻の缶詰メーカー、どん底からの超復活劇

震災支援の縁を活かし過去最高業績上げる

金華さばの缶詰(写真:木の屋石巻水産)

「マツコの知らない世界」(TBSテレビ系列)というトークバラエティ番組がある。7年半にわたり放送されており、マツコ・デラックスさんの本音トークも人気だ。この番組で紹介された商品は、放送日以降に急激に売り上げを伸ばすことでも知られる。

2017年12月5日に放送された同番組のテーマは「サバの缶詰」だった。現在、サバ缶の人気は高く、生産量1位のツナ缶に迫る勢いだ。その理由は味に加えて、「DHA」や「EPA」「カルシウム」などが豊富に含まれており、美容効果への期待感もある。

マツコが絶賛した「金華さば」缶詰

番組では多くのサバ缶が紹介された。苦手と公言していたマツコさんも「私のサバ缶情報、古すぎたわ。おいしくなったのね」と話していたが、そのトリを飾ったのが木の屋石巻水産(宮城県石巻市)の「金華さば」(味噌煮)だ。1缶500円と缶詰にしては安くないが、「これはおいしいです。さわやかな感じの味噌ね。どちらかというと日本酒でこれだけでいきたいぐらいおいしい。ものすごく上品な(味)」とマツコさんをうならせた。

「番組でマツコさんが紹介してくださってから、ネット注文が殺到し、次の日には当社のPCサーバーが一時ダウンしたほど。結局、1年分の在庫の3分の2が売れました」

木の屋ホールディングス(木の屋HD/木の屋石巻水産の持ち株会社)の木村長努社長は笑顔を浮かべるが、すぐにこう続ける。

「ただし、宮城県の三陸沖の天然サバが水揚げされたときだけの加工食品で、次々に製造できません。年間で150万缶が限度で、今シーズンは120万缶になる見通しです」

以前から商品力に定評があった会社だが、近年は一段と人気が高まっている。

次ページ水揚げ直後に加工する「フレッシュパック」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。