学校は死刑台"それせか"が歌う子どもの世界

悪ノリに見せかけて殴られ、前歯を折られ…

もうひとつ、音楽を通して、いじめをしている奴らや「いじめられている側にも責任がある」と思ってるような奴らに「ふざけるな」って伝えたい、という思いもあるんです。

やっぱり、僕はいじめが起きたり、それで苦しんでる人がたくさんいるっていうことがくやしいんですよ。いまだに、小学1年のときに女の子がバカにされていたことに納得がいってないんです。そうしたくやしさが僕の原動力になっています。

よく「みんなちがってみんないい」とか言うけど、よくないですよ。殴られて、前歯を折られて、それでも「みんないい」なんて思えないじゃないですか。せっぱつまってない奴、苦しいところに立っていない奴の言葉はあてにならない。

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽を通して、「オレはイヤだったぞ」と伝えることができる。だから音楽を続けていられるんだと思います。

とりあえず会って話そうよ

――読者にメッセージをお願いします。

親御さんは、とりあえずギターを買ってあげてください(笑)。家でもどこでも手軽に弾けますからね。あとは「学校へ行け」と言わないでほしいです。小中学生のころの僕にとって、学校という場所は「死刑台」だったんですよ。あそこに行くと自分が死んでしまうんです。もし子どもが「学校へ行きたくない」と言ったら、親御さんには学校から子どもを守ってあげてほしいです。

それから、僕がきついときにほしかったのは上からのアドバイスではなく、隣りに座って、対等に話してくれる仲間でした。だから自分の意見を押しつけるようなことはしないでほしいです。なぜなら、みんな初心者だと思うからです。子どもは人生で初めての中学生。でも親も、人生で初めての「中学生の親」です。みんな未経験者だから、謙虚になって「自分の考え方はまちがっているかもしれない」と思ったほうがいいんじゃないでしょうか。

最後に、この記事を読んでくれている若い人には……そうだな、「僕は君と話したいよ」と伝えたいです。きっと読者にもかつての僕のような思いをしている人がたくさんいると思うんです。だから「とりあえず会おうよ、会って話そうよ」と言いたいです。

――ありがとうございました。

(聞き手・水口真衣、編集・茂手木涼岳)

不登校新聞の関連記事
本屋大賞・辻村深月が「最も緊張した」と語った取材 不登校当事者が聞いたこととは
身長100cmで「2児の母」にコラムニスト・伊是名夏子さんに取材 ポジティブなのは仕方がないから
「俺も不登校だった」元ブルーハーツドラマー・梶原徹也さんに聞く
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。