偽Amazon詐欺「騙されても泣き寝入り」の実態

「クリックし間違えたんじゃないですか?」

週刊女性記者に届いたメール。法的手続きに移行するという脅しで電話をかけさせるのが手口(写真:週刊女性PRIME)

週刊女性記者のスマホに、次のようなSMS(ショートメッセージサービス)が届いた。

《コンテンツ利用料金の精算確認が取れません。本日ご連絡なき場合には法的手続きに移行致します》

差出人は『アマゾンジャパン(株)』。ご丁寧に電話番号も記されている。

結論からいえば、架空請求だ。もっともらしい文面とインターネット通販大手の名をかたる手口。「法的手続き」という脅し文句には面倒なにおいがする。

50~60代がいちばんの餌食に

消費者庁はさきごろ、『アマゾン』『アマゾンジャパン』などをかたった架空請求の被害が相次いでいると発表した。昨年11月から今年5月末までの被害総額は約1億6500万円だったという。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「被害者は10~90代と幅広いものの、特に多いのが50~60代。詐欺集団は口八丁手八丁で、クリックし間違えたんじゃないですかなどと、うまくダマすんです。後から保険で全額戻りますよとか、95%戻りますなどと言います。

本当は戻らないんですが、安心させようとしているんです。それでいったん払っておこうという心理が働いて、スマホ操作に不慣れな人が多い50~60代の人は払ってしまうんでしょう。また、訴訟を起こすという文面に驚くこともあるようです」

そう明かすのは消費者庁の担当者だ。現金の振り込みではなく、コンビニでギフトカードを買わせて暗証番号を読み上げさせる手口が横行しているという。これまでなかった新たなサービスや概念に、アナログ世代=非デジタル世代はコロリと弱い。

次ページ被害額が数百万円にのぼるケースも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT