冒険家・南谷真鈴、命がけの挑戦をする原動力

日本人最年少で世界7大陸最高峰を制覇!

南谷 真鈴(みなみや まりん)/1996年12月20日生まれ。神奈川県出身。2016年5月23日に、エベレストに日本人最年少登頂。前年10月にはマナスルの登頂に成功し、日本人最年少の8000メートル峰登頂と女性世界最年少の同山登頂を達成。さらに16年7月4日に、デナリの登頂に成功し、七大陸最高峰制覇を達成。七大陸最高峰日本人最年少登頂記録を更新した。17年4月13日に北極点到達に成功し、「エクスプローラーズ・グランドスラム」を世界最年少の20歳112日で達成■インスタグラムFacebook公式サイト(撮影/洞澤佐智子(CROSSOVER))

7大陸最高峰登頂も、エクスプローラーズ・グランドスラムも、最初から思い描いていたわけじゃない。目の前に挑みたい山があって、それを登っているうちに、また新しい景色が見えて、挑戦したい目標ができた。

チャレンジし続けることで、夢がどんどんスケールアップしたという感じです。

よく、「どうしてそんなにいろんなことにチャレンジできるんですか?」って聞かれるんですけど、私からすると何かしたいことがあるのにトライせず、ただ朝起きて学校や会社に行って、家に帰ってテレビを観て寝るだけの毎日を送る方がもったいない。

私にとっての生きること

私にとって、生きるということは、「自分だけの絨毯」をつくることです。その模様は人それぞれ。自分がどう生きるかで、色や柄が決まっていく。だったら私は自分だけのとびきりカラフルな絨毯がつくりたい。そのためには、「今これをやらなければいけない」という枠の中で生きるのではなく、「今この瞬間に自分は何がしたいのか」、その一点に忠実に生きていかないと。最初からできないと決めつけていたら何も始まりません。

と言うのも、私自身、かつてある人たちから「君みたいな女の子がエベレストに登ろうなんて」と頭ごなしに否定されたことがあったんです。あれはまだ私が17歳のときだったかな。もう「君なんかにできるわけない」「君なんかには無理だ」って延々とその繰り返し(笑)。

(撮影/洞澤佐智子(CROSSOVER))

でも、実際には19歳でエベレストに登れたし、やってみたらできないことなんて全然なかった。

だから、もし他人から「君には無理だ」って言われて何かを諦めようとしていたり、勝手に自分の可能性に蓋をしようとしている人がいたら、これだけは伝えたい。

本気でやれば、私たちは何だってできるってことを。私は自分の生き様を通して、それを証明していきたい。

ひたすら「君なんかには無理だ」と言われ続けていたあのとき、私の中で湧き上がってきたのは、「なぜ人の可能性を潰そうとする大人がいるのか」という違和感と、「自分にできないことはない」と絶対に証明してみせるという反骨精神。これだけ散々言いたい放題言われて、このまま「分かりました。じゃあ諦めます」って引き下がったら、私は本当に何もできない人間になってしまう気がした。

次ページ「ありたい自分」でいるという思い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。