壇蜜「仕事に楽しさ求めない」と言い切る理由

"自分らしく"という幻想に押し潰されないで

壇蜜(だんみつ)/ 1980年12月3日生まれ。秋田県出身。2009年、28歳のときにゲーム『龍が如く 4 伝説を継ぐもの』に出演。10年、29歳でグラビアデビュー。12年、映画『私の奴隷になりなさい』に主演。その独特なキャラクターで大ブレイクを果たし、以降、数々のメディアで活躍。自らの日常を綴った『壇蜜日記』シリーズなど文筆業も好評を博している
今をときめく彼・彼女たちの仕事は、 なぜこんなにも私たちの胸を打つんだろう――。この連載では、各界のプロとして活躍する著名人にフォーカス。 多くの人の心を掴み、時代を動かす“一流の仕事”は、どんなこだわりによって生まれているのかに迫ります。
本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

壇蜜さんは、不思議な女性だ。

「エッチなお姉さん」というちょっぴり過激なふれこみでバラエティー番組を席巻したかと思えば、その発言は知性に溢れ、どんな無茶ぶりにもほどほどのユーモアと慎みでいなし、男性のみならず女性人気も獲得。今やその活動は文筆業や女優業など多岐に広がっている。

いわゆる“壇蜜フィーバー”から5年。ブレイク期から「いずれ流行りは廃れる」と熱狂を客観視していたが、決して一過性のブームで終わらず、壇蜜さんは芸能界で確かなポジションを築き上げている。プロとして、求められるものに粛々と応え続ける壇蜜さんから私たちは何を学べるだろうか。壇蜜さんの仕事へのポリシーを探ってみた。

私は今、孤独から立ち直っている最中なのかもしれない

壇蜜さんの最新出演作『星めぐりの町』は、ベテラン俳優・小林稔侍さん初主演となる映画だ。壇蜜さんが演じるのは、小林さん演じる勇作の一人娘・志保。数年前のインタビューで女優の仕事について「向いていない」と即答していた壇蜜さん。あれから歳月を経て、経験を重ねた今も「やっぱり向いていないですね(笑)」と話す。

「でも今回は黒土(三男)監督が、志保の人物像を細かく描いて指示をくださったので、とてもやりやすかったです。やるべきことが明確で、『どうしていいのか分からない』と悩む時間がほとんどありませんでした」

小林さん演じる職人肌の豆腐屋主人が、東日本大震災で家族を失った少年・政美を引き取り、生活を共にするところから本作は幕を開ける。固く心を閉ざしていた少年が、勇作や志保との交流を通じて、少しずつ本来の明るさを取り戻していく過程が、大きな見どころだ。

次ページ派遣社員として働いていた、とにかく孤独な毎日
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。