東芝が上方修正も、"がっかり"な理由

牽引役と呼べるのはNANDフラッシュメモリだけ

不祥事に損失重なり、むしろネガティブ・サプライズ

さらに“がっかり”な点もあった。実は東芝の上方修正は、市場はほぼ織り込みずみだった。むしろ驚いたのは、経常利益と純利益の予想を据え置いたことである。孫会社の東芝医療情報システムズが、06年から12年度までに累計98億6300万円の資産過大計上をしていた不祥事が明らかとなった。また、マレーシアの半導体子会社の売却に伴い100億円程度の為替換算損が発生。特許庁向けシステムの開発断念による費用計上も織り込むなど、思わぬ損失処理が重なったことで営業外費用が大幅に膨らんでしまった。

東芝は「会社計画には500億円程度のリスク費用を織り込んでいる。営業益2900億円は最低ライン」(久保副社長)と一段の業績上振れを示唆している。下期に想定外の事態が起こらず、今度は"期待通り"の上方修正となるかに注目だ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。