冷凍王子が選ぶ、すごい冷凍食品「ベスト5」

国内生産量・金額とも過去最高に

冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんが選ぶ注目のベスト5(写真:AERA dot.)

冷凍食品はすでに生活の中に定着している。博報堂生活総合研究所の「生活定点」調査の「冷凍食品を含む調理済食品の利用」によると「よく使う人」は、1998年の調査開始以降増えている。1998年と2016年を比べると、50代女性で12.7%から29.3%、60代女性で12%から20.1%と増加していて、中高年にも浸透している。

日本冷凍食品協会が発表した、昨年の家庭用の国内生産量と生産金額は、それぞれ過去最高。ともにほぼ右肩上がりだ。

手抜き食品と言われた冷凍食品は”手間抜き”食品へ

「今年はさらに生産も消費も伸びそうで、『冷凍食品イヤー』と言っても過言ではないでしょう。昔は手抜き食品と言われましたが、『手間抜き』食品なんです」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

協会の三浦佳子・広報部長はこう熱く語る。

料理で手間がかかるのが、にんじんやゴボウなど根菜類の皮むきや下ごしらえ。冷凍食品を使えば、その手間が省け、空いた時間を活用できる。たとえば三浦さんがよく利用するのが冷凍の「豚汁の具」。鍋に入れ、みそを追加するだけで、野菜たっぷりの豚汁がすぐできる。

製造工程も進化し、有名シェフの味を再現した商品も増えてきた。暑くてキッチンに立ちたくない今こそ使おう。

そこで注目の商品ベスト5を、冷凍生活アドバイザーの、「冷凍王子」こと西川剛史さんに選んでもらった。

次ページ一から自分で作るとなると大変なものばかり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。