プログラミングが学校教育に入る本当の意味

模型のタミヤやキッザニアも教育市場に参入

「ミニ四駆」でおなじみのタミヤが、今年4月から全国展開する「タミヤロボットスクール」。受講生の保護者は、やはりミニ四駆世代が多い(撮影:梅谷 秀司)

サイバーエージェントの子会社が運営する「Tech Kids School(テックキッズスクール)」は、業界大手の一角を占める塾だ。

東京、大阪、那覇など全国7都市で、1000人超の小学生が通う。3〜5人の各グループに、”メンター”と呼ばれる大学生がついて指導に当たるのが特徴だ。特集では、この2校をはじめ特に人気の高いプログラミング塾を、25校に厳選して紹介している。

”1日完結型”のスポットやイベントも

こうした塾は1年間で修了するコースが一般的だが、この夏休みにも参加しやすい”1日完結型”のスポットやイベントも多い。

たとえば、東京・豊洲の仕事体験型テーマパーク「キッザニア東京」内にある、NTTドコモ提供の「ロボット研究開発センター」だ。タブレットを使った平易なプログラミングで、接客ロボットを動かす体験ができる。

ほかにもヤマダ電機やリコーといった大手企業が、プログラミング教育の場を提供している。こうした1日体験の機会を活用して、子どもが何に関心を持つかを試すのもよいだろう。

週刊東洋経済7月21日号(7月17日発売)の特集は「発進! プログラミング教育」です。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。