プログラミングが学校教育に入る本当の意味

模型のタミヤやキッザニアも教育市場に参入

仕事体験型テーマパーク「キッザニア東京」でも、タブレットを使った平易なプログラミングで、接客ロボットを動かす体験ができる(撮影:尾形 文繁)

中学校でも2021年度に技術・家庭科でプログラミングに関する内容が拡充され、2022年度には高等学校でプログラミングを含む「情報Ⅰ」が必修となる。

さらに2024年度には、大学入試センター試験に替わる「大学入学共通テスト」に、「情報Ⅰ」が国語や数学のような基礎的科目として導入される見通し。現時点で小学6年生以下の子どもは、国立大学などを受験するうえでプログラミングの知識や能力が欠かせなくなるということだ。

IT(情報技術)コンサルティングなどを手掛けるフューチャーの金丸恭文グループCEOは、「大学入試にプログラミングが入れば、小中高生もITを学ぶモチベーションが膨らむ。その影響は大きい」と語る。

ただし、文部科学省・情報教育振興室長の安彦広斉氏は、「プログラマーやエンジニアになってもらおうということではない」と語る。特に小学校でのプログラミング教育の狙いは、日頃の生活とコンピュータとの関係を知り、プログラミングの考え方を学ぶことにある。

プログラミング塾に子どもを通わせる親も

小学校での必修化を目前に控え、プログラミング塾に子どもを通わせる親が増えている。

「ミニ四駆」などの模型でおなじみのタミヤが、今年4月から全国約50カ所で展開する「タミヤロボットスクール」もその1つだ。受講生はまずロボットを組み立て、「IchigoJam(イチゴジャム)」というプログラミング専用の子どもパソコンでコードを打ち込み、ロボットを動かす。「保護者はミニ四駆世代やラジコン世代が多い」(神奈川県の横浜中川教室で講師を務める藤島一広氏)。

次ページ大学生が指導
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。