コンテンツホルダーが米国の横暴と戦う方法

角川歴彦×川上量生 対談(5)

デジタルミレニアム著作権法のダブルスタンダード

角川: 1998年にアメリカが、デジタルミレニアム著作権法という法律を世界で初めてつくったのですが、「著作権法」だから著作者を守るかと思ったら、「セーフハーバー条項」という例外条項があるのです。これによると、インターネット事業者が提供しているサービスの中で、もし著作権法に違反しているコンテンツがあっても、それをサイトから下ろせば罪を問わない。だからもう、グーグルもアップルもアマゾンも、著作権があろうが、コンテンツは使い放題です。いざとなったら、下ろせばいいだけだから。

傘下にハリウッドメジャーの一角・パラマウント映画とMTVを持つバイアコムが、YouTubeに対して「著作権侵害を奨励し、ユーザーによるテレビ番組や映画のクリップの不正利用から利益を得ている」と訴えて損害賠償を求めたんだけど、地裁、高裁、最高裁で一貫していたのは、どのくらい損害があったのか立証しなさいというわけ。立証責任なんて果たせないですよ、YouTubeが違法アップロードされたクリップを下ろしてしまえば。結局、YouTubeは無罪放免。罪は問えないということなのです。

つまり、アメリカ国内では、インターネットサービスに関して、著作権法なんてあってないようなものです。ところが、ほかの国が著作権法に違反すると、えらい剣幕で文句を言う。だから、グーグルとアップルは強いのです。もうこれはギャング法ですよ。横暴以外の何物でもない。

しかも、とうとうグーグルが「Gメールを使っている人にプライバシーはない」とはっきり言いましたよね(こちらの記事を参照)。あそこまで言うんだよ。盗人たけだけしいというか、あそこまでちゃんと言えたら、逆に立派だよね。

川上:恐ろしいですよね。

角川:恐ろしい。でも、本音を言えば、みんなわかっていたはずなのです。

僕は、こういう人たちに対しては、言うべきことはきちんと言わなきゃいけないと思っています。だから、僕は今回の本でも、グーグルやアマゾンにおもねる気はまったくないのです。もちろん、リスペクトするところは、ちゃんとリスペクトする。でも、批判すべきところは批判しないと。日本のマーケットで彼らの横暴を防ぐためには、今は僕たちには著作権法しかないと思っているから、グーグルやアップルに負けない著作権法をつくってほしいというのが今回の本のテーマです。

次ページコンテンツ流通を阻んでいる真犯人は誰か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT