日本代表への「手のひら返し」に映る真の衆愚

感情に任せる過剰バッシングが生まれたワケ

最後に今回の件で、もう1つ触れておきたいのは、組織トップの振る舞い。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は帰国会見で、選手、スタッフ、スポンサー、ファン、メディアに感謝の言葉を述べました。しかし、最後にわざわざ、耳を疑うような言葉を発したのです。

日本サッカー協会・田嶋会長の耳を疑う言葉

「『日本代表なんか嫌いだ』『応援しない』と言ってくださった皆さんが関心を持ってくださり、そういった方々にも感謝しなければいけないと思っています」

田嶋会長といえば、本番直前でヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任するなど、混乱や厳しい世論を招いた張本人。「嫌い」「応援したくない」と感じたのは、誰の何が原因なのか? そんな自分の非には一切触れず、一般の人々に皮肉のような言葉を放ったのです。

もちろん田嶋会長自身も強烈なプレッシャーに襲われていたのは間違いなく、同情の余地はあるでしょう。しかし、組織トップとして「勝てば官軍」とばかりの態度は、今後の活動にも影響を及ぼす失策にほかなりません。

日本代表の顧客は、スポンサー企業だけでなく、一般の人々であることはわかっているはずなのに、なぜ組織トップがこのような皮肉を言ってしまったのか? ビジネスパーソンにとっては、大いに反面教師となる振る舞いだったのです。

ただ、この数分後、長谷部キャプテンが、「大会前、僕たちはあまり期待してされていなかったと思うんですけど、『無関心はいちばん怖い』と思っていて、またこのワールドカップで皆さまの関心を集められたと思うので、引き続き日本の皆さまには、日本サッカー界、代表だけでなく、Jリーグ、海外でプレーする選手、いろいろなカテゴリーがありますけど、関心を持っていただき、時には温かく、時には厳しいサポートをお願いしたいと思います」と視野の広いコメントでフォローしました。

言わば、「デキのいい部下にダメージを和らげてもらった」という形です。将来、長谷部選手が日本代表の監督や日本サッカー協会の会長に就任したら、現在よりも日本国民から愛されるチームが誕生するのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。