「休日何もできない」人は、うつの入口にいる

発達障害の僕がお勧めする「リラックス法」

10日ほど完全に何もしない日が過ぎて、僕は「回復した」という感覚を手に入れることができました。「暇だ」という気持ちが湧いてきたからです。

うつ状態というのは、悪い意味で退屈しません。何もできていないのに、時間が矢のように過ぎ去っていきます。「コテージ近くの屋台のご飯も飽きてきたな。何か目先の違う食べ物はどこで食べられるのかな」とスマホで検索を始めたとき、僕は自分が「休み終えた」ことを知りました。後の時間は、適当に買った釣竿で釣りをして過ごしました。カラフルな小魚がたくさん釣れました。

これはちょっとしたコツですが、「最後に退屈したのはいつだろう?」と考えてみてください。「退屈」というのはエネルギーが余っている状態です。うつ状態の人にはまず生じない状態と言えるでしょう。これが思い出せないなら、あなたには休息が必要です。

ビジネスホテルでひたすらダラダラする

この「外こもり」は、うつ状態からの回復に非常に高い効果があると僕は思っています。しかし、僕はタイに行き慣れているので何とかチケットを取って成田空港に向かうことができましたが、実際うつ状態にある人がこれをやるのは結構難しいかもしれません。

そこでおすすめしたいのが「ビジネスホテル外こもり」です。あなたの知らない町の知らないホテル、できれば海とか山とかあなたの癒やされる風景が眺められる町がいいですね。そこに連泊予約をして、後はひたすらダラダラしてください。

サラリーマンの方でも、気合いを入れれば5日くらいの「外こもり」は不可能ではないでしょう。「貴重な休みをそんなことに……」と感じるかもしれませんが、うつ状態に入りかけているなら、あなたの「貴重な休み」は家で焦燥感に焼かれ続けることに費やされる可能性がとても高いです。

『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ビジネスホテルにいれば、食事は適当に済ませることができます。ランドリーサービスもあればルームサービスもあるでしょう。あなたをひたすらに休ませる環境を手に入れることができます。そして、あなたは「自分は今、休息しているのだ」という実感を手に入れることができます。

特にシーズンオフであれば、ビジネスホテルは連泊するととても安いです。民宿みたいな、人と接する機会の多い場所はおすすめしません。あなたに必要なのは、清潔なシーツと整然としたお部屋。そして、誰にも干渉されない時間です。

「旅行でリフレッシュ」というと、つい人は観光スケジュールを目いっぱい詰め込んだりして「充実したもの」を目指してしまう悪癖があります。しかし、実はそんなことはしなくていいのです。うつ状態でそんなことをしようとしたら悪化するに決まっています。まずは「退屈」を取り戻すことがうつ状態から回復する重大なキーなのです。

最初は、部屋でひたすら眠り続けることになるかもしれません。でも、次第に「ちょっと周囲を散歩してみるか」とか「ちょっとおいしい食事を摂りたい」とか、「大浴場に浸かりたいな」とか感じると思います。それは、あなたが退屈し始めた証で、回復の証左です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。