オーストラリア「500人集団ヌード」の壮観

寒空のスーパー屋上で米国の写真家が撮影

 7月9日、豪メルボルンで、気温約7度の寒さのなか約500人が、米ニューヨークの写真家スペンサー・チュニック氏による集団ヌード撮影に参加した。提供写真(2018年 ロイター/AAP/Penny Stephens)

[メルボルン 9日 ロイター] - オーストラリアのメルボルンで9日、気温約7度の冬の寒さのなか約500人が、米ニューヨークの写真家スペンサー・チュニック氏による集団ヌード撮影に参加した。

撮影が行われたのはスーパーマーケットの屋上駐車場。参加希望者1万2000人の中から選ばれた500人は、シースルーの赤い布を身に着けて集まり、チュニック氏の指示に合わせて動いた。

チュニック氏は記者団に対し「参加者が凍えないように早く行動した。素晴らしいアートワークができたと思う」と述べた。

(写真:ロイター/AAP/Penny Stephens)
関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。