ポルノ王が「トランプの首」を切に願うワケ

スキャンダル情報に1000万ドルの懸賞金

ドナルド・トランプの特ダネに1000万ドルの懸賞金をかけたのは…(画像:The Washington Postより転載)
ポルノ王、ラリー・フリントのトランプ弾劾作戦の行方やいかに……。

 

就任以来、ロシアの関与をめぐる「ロシアゲート」に迷走人事、滅茶苦茶な振る舞いやツイートで注目を集めてきたドナルド・トランプ米大統領。弾劾の可能性をめぐる報道も落ち着いたかと思われる状況で、大胆な手に打って出た人物がいる。

米アダルト雑誌『ハスラー』の発行人でポルノ業界の重鎮のラリー・フリントが、10月15日付けのワシントン・ポストに驚きの広告を出稿したのだ。

トランプを弾劾に追い込むタレこみに1000万ドル!

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

同紙の日曜版に掲載された全面広告には「ドナルド・トランプの弾劾と罷免につながる情報の提供者に、最大1000万ドル(約11億円)を与える」という文言が謳われている。広告を掲載したワシントン・ポストは記事としてもこのニュースを取り上げている。

フリント自身のツイッターで投稿された広告は6万リツイートを超えている。なお、現時点でトランプはこれに反応したツイートはしていない。

ワシントン・ポスト日曜版に掲載された全面広告
次ページミット・ロムニーの納税申告不正を暴いた過去も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT