ポルノ王が「トランプの首」を切に願うワケ

スキャンダル情報に1000万ドルの懸賞金

ドナルド・トランプの特ダネに1000万ドルの懸賞金をかけたのは…(画像:The Washington Postより転載)
ポルノ王、ラリー・フリントのトランプ弾劾作戦の行方やいかに……。

 

就任以来、ロシアの関与をめぐる「ロシアゲート」に迷走人事、滅茶苦茶な振る舞いやツイートで注目を集めてきたドナルド・トランプ米大統領。弾劾の可能性をめぐる報道も落ち着いたかと思われる状況で、大胆な手に打って出た人物がいる。

米アダルト雑誌『ハスラー』の発行人でポルノ業界の重鎮のラリー・フリントが、10月15日付けのワシントン・ポストに驚きの広告を出稿したのだ。

トランプを弾劾に追い込むタレこみに1000万ドル!

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

同紙の日曜版に掲載された全面広告には「ドナルド・トランプの弾劾と罷免につながる情報の提供者に、最大1000万ドル(約11億円)を与える」という文言が謳われている。広告を掲載したワシントン・ポストは記事としてもこのニュースを取り上げている。

フリント自身のツイッターで投稿された広告は6万リツイートを超えている。なお、現時点でトランプはこれに反応したツイートはしていない。

ワシントン・ポスト日曜版に掲載された全面広告
次ページミット・ロムニーの納税申告不正を暴いた過去も
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。