トランプ大統領弾劾はどれだけ現実的なのか

共和党議員でさえ疑惑の多さに辟易

ワシントンで今、最もホットな話題はトランプ大統領が弾劾される可能性だ(写真:Jonathan Ernst/PIXTA)

次々と襲いかかるトランプ米大統領のスキャンダルに振り回され、ホワイトハウスの職員はストレスで崩壊寸前だといわれている。わめきちらす大統領から隠れるのに職員は必死のようだ。

信頼できる情報によると、大統領は1日のうち相当の時間を、テレビニュースを見るのに費やしているという。お気に入りの米FOXニュースを唯一の例外として、放送内容に怒り狂い、なぜこんな報道を許したのかと側近に当たりちらしているようだ。

しばらく捜査は続けられる

大統領選挙時におけるトランプ陣営とロシアの癒着をめぐる捜査を指揮する特別検察官にミュラー元FBI(米国連邦捜査局)長官が任命されたが、これによって大統領の機嫌がよくなることはない。ミュラー氏は元FBI長官として尊敬を集める人物であり、しばらくは捜査を継続するだろう。

だが、同氏を任命したローゼンスタイン司法副長官の声明にあるように、ミュラー氏の権限が「連邦犯罪」の捜査に限られるのであれば、相当の問題が調査対象から抜け落ちる。犯罪とはならなくても、弾劾に値する問題行動というものは存在するのだ(司法妨害に基づく弾劾は、刑法の規定と完全に一致するわけではない)。

一連の騒動は、コミーFBI長官の突然の解任によって始まった。これはホワイトハウスの内外を問わず、ショッキングな出来事だった。唐突に出てきた動きで、しかも、まともな説明がいっさいなかったからだ。トランプ大統領は後に「ロシアの問題」でコミー氏をクビにしたと米NBCテレビに語った。

次ページ次々と浮上する疑惑
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。