錦織、ウィンブルドンで準々決勝進出の快挙

日本男子の準々決勝進出は松岡修造以来

 7月9日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス4回戦、世界ランク28位で第24シードの錦織圭(写真)が同138位のエルネスツ・ガルビスを4─6、7─6、7─6、6─1で下し、準々決勝に進んだ(2018年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 9日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行い、男子シングルス4回戦では、世界ランク28位で第24シードの錦織圭が同138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4─6、7─6、7─6、6─1で下し、準々決勝に進んだ。

錦織は右肘を痛めた影響もあり、元世界ランク10位の相手に第1セットを失った。しかし第2セットのタイブレークを制したことが自信になったという。

同大会で日本男子が準々決勝に進んだのは、1995年の松岡修造氏以来。次戦では、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

ガルビスは「サーブは私の方が好調だったが、彼の方が積極的にショットを狙っていた」と話した。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。