錦織、ウィンブルドンで準々決勝進出の快挙

日本男子の準々決勝進出は松岡修造以来

 7月9日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス4回戦、世界ランク28位で第24シードの錦織圭(写真)が同138位のエルネスツ・ガルビスを4─6、7─6、7─6、6─1で下し、準々決勝に進んだ(2018年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 9日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行い、男子シングルス4回戦では、世界ランク28位で第24シードの錦織圭が同138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4─6、7─6、7─6、6─1で下し、準々決勝に進んだ。

錦織は右肘を痛めた影響もあり、元世界ランク10位の相手に第1セットを失った。しかし第2セットのタイブレークを制したことが自信になったという。

同大会で日本男子が準々決勝に進んだのは、1995年の松岡修造氏以来。次戦では、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

ガルビスは「サーブは私の方が好調だったが、彼の方が積極的にショットを狙っていた」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。