ユニクロが支援する超一流ゴルファーの本意

アダム・スコットは新商品開発までかかわる

全身をユニクロのウエアでプレーするスコット選手、2016年10月(写真:ユニクロ提供)

「私がマスターズで優勝したとき、全身の服装はわずか100ドルに満たなかった」

プロゴルファーのアダム・スコット選手は笑顔で語った。

ユニクロのゴルフウエア着用で制したマスターズ

米国のジョージア州「オーガスタ・ナショナルGC(ゴルフクラブ)」で開催されたマスターズを、スコット選手がオーストラリア人として初めて制したのは2013年4月14日のこと。同年4月1日にファーストリテイリング傘下のユニクロの「グローバルブランドアンバサダー」に就任しており、わずか2週間後のことだった。

それ以降、スコット選手は出場したすべての大会でユニクロのウエアを着て戦っている。スポンサー契約を結んでからすでに4年以上が経つ。ゴルファーたちにユニクロブランドを世界に伝える大きな役割を担っているのだ。

ユニクロは少数だが、世界トップレベルのアスリートとスポンサー契約を締結している。ユニクロ商品のコンセプトである「LifeWear(ライフウエア)」を世界に広めるのが狙いだ。スコット選手以外では男子テニスの錦織圭選手が有名。男子車いすテニスの国枝慎吾選手やゴードン・リード選手(英国)、女性で初めて2016年12月に就任した冒険家である南谷真鈴(みなみや まりん)さんもいる。

ユニクロにはスポーティな商品もあるとはいえ、あくまでカジュアルが主体だ。トップレベルのスポーツ選手にとって不都合はないか。

「ユニクロはスポーツ用品専業メーカーではないが、そのことがマイナスになることはない」とスコット選手は断言する。そのうえで、「むしろ、スポーツでも普段着としても使える機能性とスタイルを両立した商品の選択肢が多いことはプラスだ」と強調する。この言葉に、スコット選手とユニクロのユニークな関係が集約されている。

次ページプロ選手とブランド
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。