全米も熱狂のゲーム大会「eスポーツ」の正体

日本人プロ選手が育つための3つの条件

アメリカ・シアトルで2017年8月に開かれた「The International Dota 2 Championships」(写真:AP/アフロ)

アメリカ・ワシントン州シアトル。昨年8月、大きな会場を観客が埋め尽くし、選手の激しい戦いに熱狂した。選手が登場すると豪華な照明やBGMの演出とともに実況解説者が声を張る。

この戦いは人間同士によって行われたが、いわゆる格闘技ではない。体と体を直接ぶつけ合うのではなく、選手たちが戦うフィールドはステージ中央の大型スクリーンに映し出された画面上だ。

これは世界1位といわれる「eスポーツ」の大会、Valve社が開発運営を行うゲーム『Dota 2』公式世界大会『The International』の様子だ。世界各国から集まった16チームが賞金2400万ドル(約26.5億円)をかけて戦った。Dota 2は世界競技人口1億人以上というタイトルだ。

「eスポーツ」は日本でも大きなトレンドに

「eスポーツ」は今、世界から日本にも進出してきている。eスポーツとは、対戦型ゲームをスポーツとしてとらえたものであり、ゲームではあるのだが、他選手との間でフィジカルや頭脳、そして正確な操作性などを競い合う。

リアルな「陸上競技」のように種目もさまざまだ。格闘技ゲーム、スポーツゲーム、パズルゲーム、シューティングゲーム、リアルタイム戦略ゲーム、マルチオンラインバトルなどである。

次ページ大金を得るプロゲーマーもいる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。