バブル、バブル、バブル

50万のヘッドフォン、20万のイヤホンも登場

前述の名前を挙げたメーカーは、相対的にまともで誠実なメーカーであり、「本物」を作っていたから、バブルの一番の波には乗り切れない。同時に、本物のメーカーの一部は、この波にうまく乗る。ヘッドフォンでも、イヤホンでも、そういうメーカーは一部存在する。しかし、バブルの頂点で、もっともバブル的な行動をするのは、そうでないメーカーたちだ。

なぜならば、彼らは、長期に安定した顧客層で儲けてきていないから、これまでの顧客の声に縛られることもない。ガレージメーカー(もちろんガレージメーカーにも誠実なところもある。しかし、バブルにおいてはそういうメーカーの影は薄くなっていく)や、著名メーカーでも、ヘッドフォンやイヤホンでの実績のないメーカーなら何でもできる(もちろんそうでないメーカーもある)。だから、バブルにおいて急浮上したメーカーはまさにバブルメーカーなのだ。

なぜ誠実なプレーヤーも、バブルに参入するのか

それでは、誠実なメーカーは、このバブルを避けるべきではないか。本当はそうだ。しかし、彼らは参入せざるを得ない。なぜなら、バブルは儲かるからだ。

ヘッドフォンは普通のオーディオに比べて極めて利益率が高い。物理的な製造原価は圧倒的に小さいし、流通コストも小さい。イヤホンはさらにそうだ。それなのに、顧客層が異なり、ヘッドフォン層は、なぜか、大金をはたいて製品を買ってくれる。次々と新製品に飛びついてくれる。ここに参入しない理由はない。誠実であればあるほど、顧客ベースが縮小する伝統的オーディオマーケットだけでは生き残れないからだ。

彼らには、道が二つある。伝統的なオーディオマーケットで、今までどおり生きていくことだ。しかし、多くの誠実なメーカーは破綻したり、オーナーチェンジが起きたりしている。生き残るためには、こちらでも、マーケットの縮小分を利益率の上昇で補わないといけない。だから、最近のオーディオはびっくりするような価格のものばかりで、2000万円のスピーカーとか、冗談のようなものが存在する。

もう1つは、バブルに乗ることだ。2000万円のスピーかーと50万円のヘッドフォンで、どちらが不誠実か、ということは言えないが、原価率で言えば、ヘッドフォンの方が低いだろう。しかも、数はこちらの方が出る。ケタ違いだ。だから、このマーケットにメーカーは殺到する。

金融バブルでも同じだ。普通の金融取引では以前のような利益が出せない。世界的に企業はキャッシュを溜め込み、M&Aも自分でやる。だから、何らかの形で利益を確保しないといけない。融資などではなく、トレードによる収益で利益が倍増、というのはそういうことだ。もう一つの道はバブルを膨らませ、それに乗るということだ。

次ページそして、金融バブルだけが人々の記憶に残る
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。