1万6000円台回復は「岩盤規制」対応がカギ

アベノミクス相場第2幕に備えよ!

米国の中央銀行が下した予想外の決断に金融市場は混乱した。FRB(連邦準備制度理事会)は9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で量的緩和縮小の見送りを決定。米国債など月額850億ドルの資産買い入れの、約100億ドル減額を織り込んでいた市場に、大きな「サプライズ」をもたらした。

当初は好材料と受け止められ米国株上昇につながったが、米セントルイス連銀総裁が10月の緩和縮小の可能性に言及したのをきっかけに、一転して売りが先行するなど波乱の展開。株式相場は洋の東西を問わず不透明感を嫌う。今回のFOMCを受けて「スケジュール感がはっきりしてくる」(ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘・調査部長)と期待していた日本株市場の関係者も肩透かしを食った格好だ。

米国の金融政策変更に伴うマネーフロー変調への懸念が、昨年5月下旬以降、日本株の重しになったのは、日経平均株価と米国10年債金利の推移を見れば明らかだ(下図)。日経平均は5月23日に前日比1143円安と急落。それ以来、日本株が方向感を失う一方で、米長期金利は5月上旬から上昇トレンド入りが明確になった。

次ページ下値の余地は限定的か
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。