バブル、バブル、バブル

50万のヘッドフォン、20万のイヤホンも登場

リーマンショック前のバブルはそういうことであるし、アルゴリズム取引などは前者の道だ。そして、不動産バブルも、金融商品や不動産についての素人である個人が、これまで金融市場に関係のなかった、経験の少ない投資家として入ってくることだ。ヘッドフォン、イヤフォンユーザーのように。

バブルの構造は、すべてのバブルで同じ

バブルの最大の特徴は、需要側も供給側も、新規参入者が派手に幅広く参入してくる。そして、伝統的プレーヤーよりも派手な動きをし、脚光を浴びる。そして、当初は実体があったのだが、実体に対する目利きをする人々の影は薄くなり、いなくなるか、あるいは、メディアを含め、彼らの声を聞かず、新しい目利きの声を聞くようになる。かつてのオーディオマニアと現在のヘッドフォンマニアでは聴く音楽も違うし、ブログでの文章の質も異なる。

だから、見れば、それがバブルであるかどうかは一目瞭然だ。しかし、利害関係者としては、警鐘を鳴らすインセンティブはない。ここで儲けておかなくては、将来が不安だからだ。ユーザーも興奮して幸せなのだから、警鐘を聞くインセンティブはない。

熱狂を覚ます有識者は、無粋で人々を不幸にするものとして、社会から排除され、メディアからも姿を消していく。だから、バブルはしばらく続く。そして、持続不可能なまでに価格が上がったところで、人々はもう買うことをやめる。ヘッドフォンもイヤホンも土地も証券化商品も株も。買い手がいなくなり、バブルは終わる。

金融バブルとヘッドフォンバブルの違いは、崩壊後、家にヘッドフォンが大量に残っているか、不良資産が銀行に残るかの違いだ。金融バブルでも個人を巻き込んだ場合は、資産での損失を労働所得で今後補うことによって、なんとか処理することになる。だから、個人を巻き込むバブルは持続するのだ。ただし、銀行が毀損、破綻すると、これは社会的に広がり、経済的な広がりが大きくなる。その結果、銀行を巻き込んだ金融バブルだけが、人々の記憶に残り、経済の教科書に残り続けるのだ。しかし、それ以外のバブルの構造は、すべてのバブルにおいて同じなのだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。