「環境・社会・ガバナンス」重視企業ランキング

SOMPOホールディングスが他社を圧倒

1位・SOMPOホールディングスの新宿にある本社(撮影:今井康一)

環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の頭文字を取ったESG投資に注目が集まっている。2017年7月にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が国内株式を対象にしたESG(環境・社会・ガバナンス)指数を採用。実際に指数に連動した運用も始め、日本国内でもESG投資が広く知られるようになってきた。

東洋経済新報社では独自の調査票で集めた日本最大のCSRデータベースを基に環境(E)、社会性(S)、企業統治(G)に加えて人材活用(H)の4つの評価軸で「東洋経済CSR評価」を作成している。特に「会社の基盤は人」という考え方を基本に、ESGのベースとして人材活用(H)を重視し、「ESG-H」という枠組みでの企業評価を2006年以来、12回実施してきた。

ESGを重視する200社を抽出

今回はこの評価データを使いESGに優れた銘柄選びを行った。対象は『CSR企業総覧』(雇用・人材活用編)(ESG編)2018年版掲載の1413社で環境(27項目)、社会性(28項目)、企業統治(38項目)、人材活用(45項目)の4分野で評価。それぞれ100点満点で、合計400点満点のランキングを作成した(各分野の評価項目はCSR企業ランキングの説明を参照)。

『CSR企業白書2018年版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

株式投資が主な目的のため、代表的な投資指標であるROEが5%未満は除外。CSR企業ランキング2018年版の財務評価と同じく2017年3月期までの3年平均を使い、CSR得点と高ROEが両立した銘柄を選定した。

今回は、これらESGに優れた上位200社を「ESG企業ランキング」としてご紹介する。ランキング表には参考情報としてCSR企業ランキングの順位も併せて載せた。なお、上位500位までのランキングは『CSR企業白書』2018年版に掲載している。

このランキングは今回で3回目。1回目は2016年に東洋経済オンラインで発表し、2回目は『CSR企業白書』2017年版に掲載している。ご興味のある方はそちらもご覧いただきたい。

次ページ1位の企業はどこか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。