「環境・社会・ガバナンス」重視企業ランキング

SOMPOホールディングスが他社を圧倒

1位・SOMPOホールディングスの新宿にある本社(撮影:今井康一)

環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の頭文字を取ったESG投資に注目が集まっている。2017年7月にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が国内株式を対象にしたESG(環境・社会・ガバナンス)指数を採用。実際に指数に連動した運用も始め、日本国内でもESG投資が広く知られるようになってきた。

東洋経済新報社では独自の調査票で集めた日本最大のCSRデータベースを基に環境(E)、社会性(S)、企業統治(G)に加えて人材活用(H)の4つの評価軸で「東洋経済CSR評価」を作成している。特に「会社の基盤は人」という考え方を基本に、ESGのベースとして人材活用(H)を重視し、「ESG-H」という枠組みでの企業評価を2006年以来、12回実施してきた。

ESGを重視する200社を抽出

今回はこの評価データを使いESGに優れた銘柄選びを行った。対象は『CSR企業総覧』(雇用・人材活用編)(ESG編)2018年版掲載の1413社で環境(27項目)、社会性(28項目)、企業統治(38項目)、人材活用(45項目)の4分野で評価。それぞれ100点満点で、合計400点満点のランキングを作成した(各分野の評価項目はCSR企業ランキングの説明を参照)。

『CSR企業白書2018年版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

株式投資が主な目的のため、代表的な投資指標であるROEが5%未満は除外。CSR企業ランキング2018年版の財務評価と同じく2017年3月期までの3年平均を使い、CSR得点と高ROEが両立した銘柄を選定した。

今回は、これらESGに優れた上位200社を「ESG企業ランキング」としてご紹介する。ランキング表には参考情報としてCSR企業ランキングの順位も併せて載せた。なお、上位500位までのランキングは『CSR企業白書』2018年版に掲載している。

このランキングは今回で3回目。1回目は2016年に東洋経済オンラインで発表し、2回目は『CSR企業白書』2017年版に掲載している。ご興味のある方はそちらもご覧いただきたい。

次ページ1位の企業はどこか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。