スペイン、ボール保持率75%でも勝ちきれず

開催国ロシア、強豪をPK戦で撃破しベスト8へ

勝利を喜ぶロシア代表の選手たち(写真:ロイター)

[モスクワ(ロイター)]-7月1日、FIFAワールドカップ主催国のロシアが、GKイゴール・アキンフェエフの2つのセーブのおかげでPKでスペインに4-3で勝ち、ワールドカップの準々決勝まで歩を進めた。これを受けて数千もの興奮したロシア人は道に出て勝利を祝った。

魅力を欠く120分にわたる1-1の引き分けゲームの後、ワールドカップロシア大会初のペナルティキックで両チームがそれぞれ2点を得た。その後、32歳のGKは、コケとイアゴ・アスパスのペナルティキックをセーブした。これにより、その後の試合で勝利したクロアチアとの準々決勝に臨むことになる。

ロシアの首相ドミートリー・メドヴェージェフはスタンドから観戦しており、ロシアの準々決勝進出は、ホスト国に熱狂の波を引き起こし、数千もの人々が伝説的な首都の赤の広場その他でそれを祝した。

つまらない120分間だったかもしれないが・・・

「選手は、監督が言ったからといってそれを実行するわけではない。選手はそれを感じとらなければならず、今晩、彼らはそれをやってのけた」とロシアの監督スタニスラフ・チェルチェソフは言った。

「強いチームであることは一つ意味のあることだが、ピッチで最高の状態であらねばならないこととは別である。今晩、私たちは、適切な時に適切な場所にいたという、そういうチームであった」と監督は付け加えた。監督は、試合の数時間前に大統領ウラジーミル・プーチンからの電話を受けていた。

つまらない120分間だったかもしれないが、ルジニキ・スタジアムの7万8000の観客にとって、ドラマはペナルティキックにあった。4人のペナルティキックを行った選手全員は冷静さを保ち、ムスコヴィット・アキンフェエフはコケの渾身のシュートをうまくかわした。

次ページ「神に感謝」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。