日本・ベルギー、基本データはこうなっている

サッカーW杯、8強を賭けた戦いのポイント

練習を行うベルギー代表チーム(写真:ロイター)

日本時間の7月3日午前3時、日本とベルギーがベスト8を賭けた戦いに臨む。試合を前に両チームの基本的なデータを押さえておこう。

* ベルギーはグループステージにおいて最も多く得点を挙げているほか、シュート回数も22回と、いずれのチームよりも多かった。

* また、グループGのライバルであるイングランドとセネガルと並び、タックル回数はワールドカップサッカー出場チームの中で最少の17回。

* フェアプレールールに基づき16強に進んだ日本は、グループステージでは28個のファウルしかとられておらず、これは出場国中最少。

* イエローカードあと1枚で出場停止処分となるのは、ベルギーはケヴィン・デ・ブライネとヤン・ヴェルトンゲンを含む5選手。対する日本は主将の長谷部誠を含む4選手。

* ベルギーは過去2大会で16強入りを果たしており、4年前のブラジル大会では準々決勝に進出した。1986年大会では準決勝に進んだものの、ディエゴ・マラドーナ率いるアルゼンチンに敗退した。

* 日本はこれまで3大会において16強に名を連ねたものの、いずれのワールドカップでも準々決勝に駒を進められずにいる。

過去の対戦成績: 日本とベルギーは、日本が共催国となった2002年大会で対戦している。グループステージでの試合は2対2で終えた。直近の対戦は11月にノルウェーで行われた親善試合で、1対0でベルギーが勝利した。

(ジャック・タラント取材、ヒュー・ローソン編集)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。