ソニーの半導体「手薄だった」車を攻める事情

スマホで鍛えた「目」で自動運転の分野に参戦

ただ、車載向けCMOS市場の5割超は、米オン・セミコンダクターが占めており、ソニーのシェアは1割を切る状況。車載カメラに詳しいテクノ・システム・リサーチの駒田隆彦氏には、「自動車向けの採用は、過去の実績で決まるため、新規参入は簡単ではない」と見る。

後発のソニーに勝ち目はあるのか。

今後の試金石となるのが、12月に量産出荷が予定されるADAS用センシングカメラ向けのCMOS、「IMX324」だ。同製品は汎用製品だが、モービルアイが中国NIOや米フォードなどに供給しているADAS関連製品と接続することが可能で、「モービルアイと企画段階から深く協業してきた」(車載事業を担当する春田勉・副事業部長)。2021年ごろの量産となるモービルアイの次世代モデルにも対応し、ここで同社にCMOSを供給しているオンセミコンダクターと米オムニビジョンのパイを奪えるかが焦点になる。

一度採用されれば4~5年続き、単価も高い

車載向けセンサーのうまみは大きい。スマホ向けと異なり、一度採用されたら4~5年は採用が続くうえ、販売単価もケタ1つ違う。さらに、各社が開発熱をあげる自動運転分野ゆえに「言い値で買ってもらえる状態が続いている」(前出の李氏)。

ソニーの車載カメラ用センサーは、人間の目に見えない遠方や暗闇の障害物でも高精細に写し出せる点が強みだ(写真は今年1月のCESで展示されたソニー製車載センサーのコンセプト映像、記者撮影)

一方で、特有の難しさもある。1つが家庭用機器とは段違いの品質が要求される点だ。たとえば、温度耐性なら、摂氏マイナス40度から125度まで気温が変動しても、正常に動く品質が要求されるのだ。

こうした品質基準をクリアするための試験にコストがかさみ「単価が高くても、利益率はスマホ向けとそう変わらないのが現状」(前出の春田氏)。さらに、自動車向けビジネスをあまり展開していないソニーにとって、完成車メーカーを頂点とする独自の商流を開拓するのも簡単ではない。「収益化は、自動運転が収益化する2020年代を見込む」(前出の春田氏)と息の長いチャレンジになりそうだ。

沸騰する自動運転市場に飛び込むソニー。5月末にはタクシー会社とともにAIを活用した配車アプリの会社を設立し、走行データの収集にも乗り出した。「完成車を作るかどうかは未定」(吉田社長)とのことだが、将来的に半導体チップの提供にとどまらない展開もありうる。ソニーが、自動運転時代に欠かせないメーカーとなれるかどうかの試練が始まっている。

『週刊東洋経済』6月30日号(6月25日発売)の特集は、「ビッグデータ、EVシフトで需要爆発 怒涛の半導体&電池」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT