収入重視女と容姿重視男に未婚が多いワケ

「希望と実情のズレ」を1万人調査から分析

未婚と既婚の男女でその差分を比較してみると、収入の低い男の場合は既婚より未婚のほうが能動的でしたが、それ以外はすべて既婚のほうが能動的です。何より、未婚と既婚とで大きな違いがあるのは女性の能動意識の差です。

収入にかかわらず、女性が能動的にアプローチするほうが結果として結婚できているという証明かもしれません。もちろん、この能動的アクションは、あからさまなものばかりではなく、「受け身の体で能動的に相手の男性をその気にさせる」ことが上手な場合もあるでしょう。

男たちに任せて物事が進展するはずがない

まとめると、6割の男は受け身であり、7割が非モテで恋愛に自信がないわけです。そのくせ、8割が相手の女性の容姿を重視するという「完全なる矛盾」に陥っているわけですから、男たちに任せて物事が進展するはずがないのです。

1980年代までの皆婚時代は、こうした「何もできない男たち」にお見合いと職場縁というお膳立てが提供されたからこそ、多くが結婚できたわけです。そうした社会的お膳立てが消えつつある中、もともと受け身で意気地のない男性をけしかけても何も起きません。これは何もイマドキの男性が草食化したわけではなく、古来よりそんなもんだと考えるべきです。

恋愛ができて、モテる男性と能動的に恋愛できる男性というのは大体3割で、それらは同一人物であると考えられます。そうした男たちは放っておいてもなんとかしていくでしょう。問題はそうできない7割の男たちのほうです。

単純に数字合わせだけをするならば、能動的な4割の男性が受け身の女性をめとり、能動的な2割強の女性が受け身の男性を上手にコントロールする。そうすれば6~7割の男女はマッチング可能です。

あとの3割はどうなるか? 2035年には男性の生涯未婚率は3割になると推測されていますし、確実にそうなるでしょう。つまり、そうした予測からも、数字のつじつまは合っているのです。

だからといって、「能動的にいけばなんとかなる」という恋愛精神論を言うつもりはありません。人には向き不向きがあります。無理しても長続きしません。年収や容姿といった可視化された情報だけに頼るのではなく、そうした性格や内面の特性も数値化・可視化したうえでの「デジタルお膳立て」というべきマッチングの仕組み、そうしたものを具現化していく必要があると考えています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT