収入重視女と容姿重視男に未婚が多いワケ

「希望と実情のズレ」を1万人調査から分析

マッチングの重要な要素として、年収や年齢以外にもたくさんの要素があり、そのすべてをここでご披露できませんが、一部前述の年収分布比率に合わせて、私が主宰するソロもんラボで実施した未婚男女1万人を対象とした調査の結果を報告します。

まずは、「モテ要素」についてです。「モテ要素」とは、容姿のよさ(自己評価で「容姿に自信がある」)というものだけではなく、過去の生活において、「付き合った異性がいた」「異性から告白されたことがある」などの複数の要素を加味して指数化したものです。

全体で、モテに分類される人は男性で26%、女性でも31%です。私は独身研究を長く続けていますが、このモテるという能力、いわゆる「恋愛強者」は少なくとも過去30年間通して男女とも大体3割で変わりません。逆に言えば、7割は非モテです。私は、それを「恋愛強者3割の法則」と名付けています。

たとえば、男性で言うと、年収の高い方にモテが集中しているというわけではなく、年収の多寡には関係なく、どの層でも大体3割のモテ男女が存在しているという状況は変わりません。

恋愛相手に「容姿を重視するか否か」

次に、恋愛相手に対して「容姿を重視するか否か」についてマッピングしてみました。

次ページ高収入の男性ほど容姿を重視する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。