サッカーの英雄が大統領になった国の「食卓」

アフリカの小国で生きる少年の壮絶な日常

リベリアの首都モンロビアの郊外。アフリカの小さな市場にわずかな食料が並ぶ
サッカーのワールドカップで熱戦が続く。アフリカの小国リベリアは出場経験こそないが、国を率いる大統領はプロサッカーの元国際的スター選手だ。アフリカ最古の黒人独立国家。しかし、輝かしい歴史とは裏腹に、国民の半数近くが難民となった「忘れられた内戦」、戦争が終結したものの今度は約5000人が死亡した「エボラ出血熱の大流行」。これでもかと不幸が襲いかかる国である。そんな国の「食の風景」を現地よりレポートする。

帰国して最初の食事はサツマイモの葉っぱ

コートジボアールの国境を越えたバスは、夜を徹してジャングルの一本道を走っていた。

この連載の記事一覧はこちら

「もうここはニンバね」

私の隣の黒人女性に向かって、前の席のちょっと年上の黒人女性がわざわざ振り返って話した。声をかけられた女性は黙って頷いて外を見つめ、代わって反対隣の男が割り込む。

「このあたりで親戚が殺された。友達もたくさん死んだ」

堰を切ったように、まわりの座席から続々「殺戮の悲劇」が吹き出す。車窓からは闇しか見えないが、そこは長い長い内戦が始まるきっかけの場所なのだという。もう20数年前、ここからリベリア全土へと戦火は広がった。バスの乗客のほとんどは、そんな内戦から他国に逃れていた難民たちだ。戦争が終わった母国へ戻る20人ほどのリベリア人。ほかにガーナ人の学校の先生や、行商人だという謎のナイジェリア人もいた。

内戦が終わり、避難民たちが自らバスを仕立て祖国に帰ってきた

ニンバを抜けて夜が明けると、バスは「飯を食え」と言わんばかりに、3~4軒の屋台が並ぶ小さな集落に停まった。なにかを口にするのは2日ぶりだ 。店にはきっとそれしかないのだろう、「ポテトリーフ」と呼ばれるものが差し出され、運転手たちが食う。サツマイモの葉と唐辛子、スパイスをグツグツに煮込んだものが、ぱさついたコメにぶっかけてあった。手で混ぜながら皿飯を食う。川の水を汲んできて飲む。

「俺はいらん。もうここはリベリアだ。奴らは全員人殺し。毒が入ってるかもしれないから気をつけろ」

ナイジェリア人はなにかを警戒し、食べずに離れて見ている。横ではやっと祖国に帰れたリベリア人たちが、一気にポテトリーフを平らげていた。

次ページ首都モンロビアへ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。