キッコーマンが米国に根付かせた「日本の味」

和食ブームを「当てにしない」成長戦略の中身

米国で販売されているキッコーマンのテリヤキソース(記者撮影)

米国に進出してからの数十年間、家庭の中に入り込むために徹底してきたのは、調味料としての “現地化”だ。特に進出当初から、「肉料理に合う」というアピールに力を入れてきた。商品開発も現地の販売会社が独自に行っており、「テリヤキ」という、日本でいうところのバーベキューソースや、レモンやライムの果汁を配合したしょうゆも売れ筋だという。

「価格勝負をする気はない」

また、北米事業は営業利益率が20%に達し、利益率6%の国内事業に比べ、キッコーマンにとって圧倒的に“おいしい市場”でもある。背景にあるのが、競合メーカーの少なさだ。

現地メーカーが販売する「LA CHOY」というブランド名のしょうゆ。パッケージには「キッコーマンより好まれています」という文言も(記者撮影)

国内には地場企業などを含めると1200社を超えるしょうゆメーカーがあるといわれるが、米国ではヤマサ醤油の子会社・サンジルシ醸造や現地のメーカーなど競合は数社程度。価格競争に陥りにくいことが、収益性の高さにつながっている。

高単価であることを売りにしている面もある。米国の多くのスーパーマーケットの棚には、「LA CHOY(ラ チョイ)」というブランド名で現地メーカーの「化学しょうゆ」が並ぶ。キッコーマンのしょうゆは発酵・醸造に半年程度かかるのに対し、化学しょうゆは醸造の過程を簡略化、添加物などを加えて仕上げるため数日間で完成するという。

製造方法の違いなどから、キッコーマン製品の小売価格は400ミリリットル程度の容量で1ドル弱ほど高い。また、ラチョイのパッケージには「PREFERRED OVER KIKKOMAN」(キッコーマンより好まれています)と表記され、真っ向勝負を挑まれている。だが「われわれは本醸造、無添加という点を売りにしている。価格勝負をする気はない」(現地販売会社の島田政直社長)。

次ページ伸びを牽引する「減塩しょうゆ」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT