カルビー、「カリスマ経営者」突如退任の理由

偉大すぎた松本会長は、なぜ辞めるのか

外部から招聘された松本晃・会長兼CEO。在任中に成し遂げたことは収益の改善に、株式の上場、フルグラのヒットなど、数多くある(撮影:2017年11月、尾形文繁)

3月中旬の週末、栃木県内で開かれた、カルビーの社内イベント終了後のこと。松本晃・会長兼CEOは一緒に食事をしていた伊藤秀二社長に、唐突に切り出した。

「僕はもう今期で降りるわ、いい潮時だよ。僕が辞めた後も伊藤さん、カルビーをよろしくお願いします」

だいぶ前から「腹を決めていた」

3月27日、カルビーは松本氏の退任を発表した。理由は「本人から退任の申し出があったため」という。後任を含めた新たな経営体制は4月中に決定する計画だが、伊藤秀二社長が続投する可能性が高い。

松本氏は、医療機器メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人の社長を経て2009年にカルビーの会長兼CEOに就任。高コスト体質にあえいでいた同社を立て直し、2009年度から2016年度まで8年連続の増収増益を達成した、いわばカリスマ経営者。そのため、松本氏の退任が公表されると、株価は3780円から一気に7%近くも下げた。

唐突すぎる退任劇だが、当の松本氏はあっけらかんとしている。「辞めることはずっと考えていたし、権力は10年持つと腐敗する。9年間は長くやり過ぎた」「(ほかの取締役の)みなさんは慰留してくれたけど、だいぶ前から腹を決めていたことだったから」(松本氏)という。

次ページ徹底したコスト削減を実施
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT