カルビー、「カリスマ経営者」突如退任の理由

偉大すぎた松本会長は、なぜ辞めるのか

ただ、足元の業績は伸び悩んでいる。今2018年3月期は天候不順で主原料のじゃがいもが確保できない「ポテチショック」や北米での販売不振が重なり、営業利益は275億円(前期比4.7%減)と松本氏就任以降初めての減益を見込む。

もう、次の仕事のオファーがきた

「もう1年継続もなきにしもあらずで、(今年じゃなくて来年辞めたら)業績が良くなって、引き際としてはかっこいいのかなっていうのもありますよ。だけどそれを言ってもキリがない」(松本氏)。

松本氏をカルビーに招聘した故・松尾雅彦元相談役(撮影:2008年、今井康一)

さらに今年2月には、カルビーの創業家出身で、松本氏を会長に招聘した松尾雅彦氏が死去。「それ(松尾氏が亡くなったこと)とこれ(自分の退任)とは別だけど、一部あるよね。声をかけてもらって一緒にやってきた松尾さんがいなくなって、自分も潮時だと」。

カルビーを退いても「リタイアはしないと思う。仕事なくなったら死んじゃうな」(松本氏)。退任の発表をした当日、すぐに数社からオファーがあったという。

カリスマ退任後のカルビーはどうなるのか。次期トップに求められるのは中国での展開加速や北米の立て直しといった、海外事業のテコ入れだ。後継者の有力候補と見られる伊藤社長は「じゃがりこ」の販売責任者を務めるなど、国内分野の経験が長い。どういった体制になるにせよ、カリスマ後の経営は一筋縄でいかないのは、確かだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT