31歳でプロ野球を去った夫を変えた妻の覚悟 自ら稼ぐ力をつけ失意の男を厳しく鼓舞した

拡大
縮小

「一生働ける会社に入れて、しかもそれがスポーツメーカーっていうのは、主人にとっても良かったことだし、自分の居場所を見つけられたのかなって思いました」(彩子さん)

その会社での夫・剛さんの仕事は、現役のプロ野球選手に用具を提供すること。選手それぞれグローブの硬さの好みが違うため、一つ一つ手作業で整える。細かな要望に応えて仕上げた道具を、現役の野球選手に届けるのだ。

どん底を救った妻は「絶対いないといけない存在」

これまでを振り返り、夫・剛さんは、「今までの経験を活かせる仕事に就かせてもらっているのも家族の支えがあってこそ。妻は絶対いないといけない存在ですね。道をそれると導いてくれるので……」(剛さん)

一方、妻・彩子さんもあのとき始めた「ママでもおしゃれできる服」が、同世代を中心に共感を呼び大人気になっていた。

店舗は構えず、ネットだけで販売している彩子さん。新作ができると、みずからモデルとなり、インスタグラムでPR。人気商品は、わずか数分で完売することもある。大手のデパートから、展示会を依頼されるほどの人気ブランドに成長させた。

店舗を構えずとも工夫と努力でブランドをつくりあげた。TBSテレビ「プロ野球選手の妻たち」は6月20日(水)よる7時から放送です(写真:TBSテレビ)

プロ野球選手の妻になったお嬢様大学の女子大生は、夫をサポートしていく中で、たくましくなっていき、どん底から夫を再生させもした。

思いもしなかった場所にたどり着いた今、彩子さんは……。

「私自身は、夫がプロ野球選手だったときよりも今のほうが幸せです」(彩子さん)

時に優しく、時に厳しく夫・剛さんを導いてきた、妻・彩子さん。夫婦それぞれの仕事に励みながら、2人はかつてない充実した日々を送っている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT