キヤノンを急襲する一眼レフカメラの変調 年間出荷台数は初のマイナス。業績予想も引き下げ

印刷
A
A

事態が深刻なのは、昨年9月末に発売し、前期は3カ月強しか貢献しなかったミラーレス一眼カメラの販売が今年は通年化するにも関わらず、レンズ交換式カメラの販売台数合計が減少することだ。

従来の一眼レフカメラが苦戦したとしても、市場成長が続くミラーレスの売り上げが大きく伸びれば補えたかもしれないが、そうはならなかった。

特に厳しいのは欧州と中国

画像を拡大
国内で人気の「EOS 70D」

一眼レフカメラの減速が顕著なのは、欧州と中国。田中副社長は「景気の停滞が長期化し、一種の贅沢品として購入が後回しにされている。流通の仕入れ数量も減っている」と説明した。

海外とは対照的に、日本国内では今年1~8月の累計で一眼レフ出荷台数が前年比36.3%増(カメラ映像機器工業会統計)と絶好調。そのためキヤノンは海外での一眼レフの減速を「景気停滞の長期化による一時的なもので、いずれは戻ると思う」(田中副社長)としている。

低価格のコンパクトデジカメがスマートフォンに代替されるという構造変化に、一眼レフの変調という追い打ちが重なっているキヤノン。利益柱の一眼レフを早期に再成長軌道に戻せるかどうかが、来期以降の業績動向の鍵を握る。

(写真:尾形文繁)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT