速報!iPhoneがグンと便利になる新OSの全貌

開発者会議「WWDC」で明らかになったこと

「iOS 12」を紹介するティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルはカリフォルニア州サンノゼで、米国時間6月4〜8日に世界開発者会議「WWDC 2018」を開催する。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもWWDC 2018の詳細なリポートをお届けします。購読申し込みなどの詳細はこちら

初日の基調講演会場には世界77カ国の開発者が集まり、中には学生スカラーシップで招待された若者も含まれていた。今回の基調講演では新製品の発表はなく、ソフトウェアを中心とした本来のWWDCらしい発表となった。

今回の目玉は、秋にリリースが予定されているiPhone・iPad向けの最新OS「iOS 12」だ。現在iOS 11を利用しているユーザーは、この新OSがリリースされれば、無料でアップグレードできる。

iOS 12には数々の新機能が用意されているが、おそらく多くのユーザーにとって最もうれしいことは、その動作の高速化だろう。iOS 12はiPhone 5s以降のデバイスで動作する。

アプリの起動は40%、カメラ起動は70%高速化する

これまで多くのユーザーが経験しているように、古いiPhoneと最新モデルで比較すると、その速度の低下にガッカリし、ストレスを感じてきた。

そうした不満を解消するため、iOS 12では、iPhone 6sで比較すると、アプリの起動は40%、キーボードの表示が50%、カメラ起動が70%高速化されるという。さらに共有ファイルの表示が2倍、アプリ起動も2倍に高速化され、今までの遅いiPhoneが見違えるようになることが予測できる。

ソフトウェアの動作の高速化は多くのユーザーにとってメリットが大きい。しかし、アップルが取り組んだ高速化はもっと別のアプローチが存在していた。

さまざまなアプリがSiriと連携し、必要な情報を提供してくれるようになる(筆者撮影)
次ページ目玉となる新機能は「ショートカット」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。