乳がん切除後の化学療法は多くが不要だった

化学療法が不要な女性は米国だけで10万人も

この研究は「TAILORx」と名付けられ、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンにも掲載された。乳がんがリンパ節の近くまで広がっておらず、がん腫瘍がホルモン療法に反応し、HER2遺伝子検査の結果が陰性であった1万人の女性を調査している。

そのうち、スコアが11-25の中間レベルであった6711人には、ホルモン療法のみ、または、ホルモン療法と化学療法の両方が任意に割り当てられた。

この研究によると、この種の乳がんを患った50歳以上の女性全員が化学療法を受けなくても良いことが分かった。この年齢層は同研究の対象者全員の85%に当たる。更に、スコアが0-15だった50歳以下の女性は、化学療法を受けずに済むので、中毒性副作用も避けられる。

一方で、化学療法はがん再発スコアが16-25だった50歳以下の女性に何らかの利益をもたらすことも分かった

乳がんの治療方法を変える可能性

ゲノムヘルスのスティーブン・シャック主任技師は、早期乳がんを患うアメリカ人女性の約10人に4人は、がん再発リスク検査を受けていないと述べ、この研究結果が乳がんの治療方法を変えることを期待している。

「これは最高のレベルの証拠となるため、臨床診療には不可欠な検査になるでしょう」とシャック主任技師は述べた。

ゲノムヘルスは、現在、90カ国以上で90万人以上の患者に検査を提供しており、アメリカでの検査料金は4000ドルだが、メディケアや全ての大手保険会社の健康保険が適用される。

(報告:ジュディ・スティーンハイセン、編集:ビル・バークロット) 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT