乳がん切除後の化学療法は多くが不要だった

化学療法が不要な女性は米国だけで10万人も

(写真:REUTERS/Eric Gaillard)

[シカゴ (ロイター) ]- 米国の研究グループは、6月3日、「早期乳がん患者でがん再発リスクが中程度の女性のうち約70%が、がん腫瘍を切除した後に化学療法を受けなくても良い」ということを明らかにした。

「これは大きな発見です」。10年前に政府出資の研究をまとめる手助けをしたニューヨークのメモリアル・スローン・ケターリングがんセンターの乳がん専門家であるラリー・ノートン医師は述べた。「化学療法が必要ない女性たちが、アメリカだけでも10万人いるということです」(ノートン医師)。

10年以内にがんが再発する可能性を予測

シカゴで開催された臨床腫瘍学会 (ASCO) の会合で発表されたこの研究では、ホルモン療法に反応した早期乳がん患者の女性の治療法について調査している。

ゲノムヘルスのオンコタイプDXとして知られる21の遺伝子パネルを基に、女性たちはがん再発に中レベルのリスクがあると見なされた。この検査は10年以内のがん再発の可能性を予測する。

検査のスコアが低い患者(0-10)は、腫瘍を切除した後に、既に化学療法を受けなくても良いと言われ、その代わりにホルモン療法を受ける。スコアが高い患者(26-100)は、ホルモン療法と化学療法の療法を受ける。

次ページ50歳以上の女性全員が化学療法を受けなくても問題なし
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT