乳がん切除後の化学療法は多くが不要だった

化学療法が不要な女性は米国だけで10万人も

(写真:REUTERS/Eric Gaillard)

[シカゴ (ロイター) ]- 米国の研究グループは、6月3日、「早期乳がん患者でがん再発リスクが中程度の女性のうち約70%が、がん腫瘍を切除した後に化学療法を受けなくても良い」ということを明らかにした。

「これは大きな発見です」。10年前に政府出資の研究をまとめる手助けをしたニューヨークのメモリアル・スローン・ケターリングがんセンターの乳がん専門家であるラリー・ノートン医師は述べた。「化学療法が必要ない女性たちが、アメリカだけでも10万人いるということです」(ノートン医師)。

10年以内にがんが再発する可能性を予測

シカゴで開催された臨床腫瘍学会 (ASCO) の会合で発表されたこの研究では、ホルモン療法に反応した早期乳がん患者の女性の治療法について調査している。

ゲノムヘルスのオンコタイプDXとして知られる21の遺伝子パネルを基に、女性たちはがん再発に中レベルのリスクがあると見なされた。この検査は10年以内のがん再発の可能性を予測する。

検査のスコアが低い患者(0-10)は、腫瘍を切除した後に、既に化学療法を受けなくても良いと言われ、その代わりにホルモン療法を受ける。スコアが高い患者(26-100)は、ホルモン療法と化学療法の療法を受ける。

次ページ50歳以上の女性全員が化学療法を受けなくても問題なし
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT