働く女性を覆う「あみだくじ」キャリアの不安

「キャリジョ」たちは仕事をどう考えているか

とはいえ、仕事にやる気がないわけではなく、「仕事にはやりがいが必要だと思う」「仕事を通して人間として成長したい」という人も7割を超え、仕事に向き合おうという姿勢が見て取れます。

ただ、ワークライフバランスを実践する中でも、男女で仕事への向き合い方には違いがあるのではないでしょうか。従来、生活のメインミッションとして仕事をとらえていた男性にとっては、プライベートの充実を図るとしても、そのメインミッションを2つ、ないしは3つに切り分ける「ケーキカット型」のバランスの取り方をしている人が多いようです(だから仕事が忙しいとほかの取り分はグッと減り、妻や彼女に怒られることに……)。

対して、仕事をもともと生活の一要素としてとらえている女性にとっては、ブレスレットの「チャーム(飾り)」みたいなもので、仕事、友達、趣味、恋愛など、それぞれのチャームをバランスよくつけていたいし、個々のチャームもキラキラ輝くように、その中で最善を尽くそうと頑張っているのです。

このとらえ方の違いは、職場で「やる気」のありなしのように受け取られがちですが、実は男女の根本的なとらえ方の違いと言えるのではないでしょうか。

「あみだくじ」キャリアが生む不安

一方で、仕事に前向きとは言え、上には上がりたくないのがキャリジョの本音。「将来、昇進昇級したい/偉くなりたい」は31.4%、「管理職になりたくない」は52.7%と半数を超えます。出世意識の低さについては、男性と比べて、女性のほうが自分に自信がない人が多いことが理由としてよく挙げられます。それに加え、女性のキャリアパスは、結婚・出産などのライフコースの変化が絡み、複雑です。

さらには実際に両立できているいわゆる「ロールモデル」も身近に少ないのが現状。調査でも「参考になる生き方をしている人(ロールモデル)が会社にいる」は全体の23.5%と、仕事関連の64項目中ワースト5位に入るほど低いのです。

『働く女の腹の底 多様化する生き方・考え方』(光文社新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

女性の場合、ゆるキャリからバリキャリまでたくさんのキャリアパスがあって、会社の都合だけでなく、パートナーの都合、親も含めた家庭の都合など、自分の意思では思いどおりにならない要素で、途中でどこのキャリアパスに流されるかわからない。まるで「あみだくじ」のような不安感があるように思います。

ただ、ロールモデルの有無については、年代別に見ると、25~29歳が19.4%、30~34歳が18.9%と、ともに19%前後なのに対して、20~24歳は31.6%と10ポイント以上高め。今の世の中の変化や、子育てをしながら働く女性たちの頑張りのおかげで、ようやくロールモデルができ始めているのかもしれません。

キャリジョ生態把握調査
調査概要
■調査目的:仕事観、恋愛・結婚観、人づきあい、趣味、情報収集、SNS利用、消費、接触情報源、自分の性格など、キャリジョたちの様々な意識や行動を調べる。
【キャリジョの定義】・有職(パート・アルバイトは除く)・子どもがいない(未既婚は問わず)・年収が200万円以上
■対象者:20~34歳の有職で子どものいない女性。回収数1280人、視点によってウェイトバックをして分析
■調査エリア:全国(クラスター分析は、札幌地区/仙台地区/東京30㎞圏/名古屋地区/関西地区/広島地区/北部九州地区の7大エリアで実施)
■調査手法:インターネット調査(調査協力:エム・アール・エス広告調査)
■調査日:2017年11月24日~12月4日
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT