なぜバラエティ番組にパクリが蔓延するのか

面白いものを作るという気概が削がれている

――こういう時代だからこそ、思い切って一つの基準だけで番組を評価することから脱却してみると、もっと面白くなりそうですね。

ただねぇ……最近、どこの町に行っても、チェーン店しかなくて、気の利いた居酒屋を探すのがすごく大変です。しょうがないからチェーン店に入ると、安いのはいいけど、やっぱりそれほど美味しくはない。別の日に、今度はちょっと門構えが違うからいい店かなと思って入ったら、メニューを見るとやっぱりチェーン店だったとか(笑)、今のテレビもそんな感じなんじゃないかと思うことがあります。

別にマツコ・デラックスさんが悪いわけじゃないけれど、マツコさんの登場は、ビフォーマツコ、アフターマツコみたいな、時代の変わり目だったという気がしているんです。最初、マツコさんのギャラは安かったと思うんです。面白いし好感度も高くて、しかも安いからみんなが使えとなって、各局マツコだらけみたいになっている。有吉(弘行)くんや坂上(忍)くんにしても、どの局でもほぼ同じような役割を期待されて、器用にこなしている感はあります。

ただ、例えば明石家さんまさんは、出演する局や番組をすごく選んだうえで、この局ではこういうことをやる、あるいはこの局には出ないとか、あのトークをここでやると別の番組で被るからしないとか、すべて計算してやっているんです。ちなみに結婚したときは「家庭が楽しいから」と、レギュラーを2本しかやらなかった(笑)。そういうのを見てきた者からすると、番組っていうのはそういうふうにして選んでいくものなんだなと。何も、坂上君がチェーン店だと言うつもりはないけれど、そういうふうに見えてしまうところはあるんですよ。

視聴者を育てていくという姿勢も必要

でも、それで視聴者が飽きるかといえば、飽きないんですよ。今の人たちは安心感を優先するから、またチェーン店行こうってなっちゃう。月1回しか行けない高い店よりも、毎日でも行ける安いチェーン店でいいという考え方だから、テレビもそうなっているのかもしれませんね。

テレビからいろいろなことを教わってきた者からすると、お客さんが望んでいるものを提供すればいいという考え方だけではなくて、こんな味もある、あんな味もあるよと教えていく、それによって視聴者を育てていくという姿勢も、必要だと思います。

(インタビュー・構成=鈴木健司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT