中島翔哉は「ポリバレント」ではなかったのか

所属クラブ幹部のポンテ氏が真っ向から反論

――ヨーロッパで活躍する日本人の条件、欲しい選手とは?

まずは根性。根性があって、技術とパワーが必要。なぜかというと、国によって、日本人選手が海外にくる時に気をつけないといけないのは、自分の持ち味を活かせるかどうか。例えば、ドイツのサッカーであれば、やっぱりパワー。それはボディーコンタクトが多いから。

イタリアに行くとパサー、スペインとフランスは技術とスピード。ポルトガルはそのミックスだから、日本人選手を活かせるのであれば、最初は留学じゃないけど、ポルトガルにアダプテーションをしたほうが良いと思う。例えば、翔哉はポルトガルに来て、ポルティモネンセはどんどんパス繋いでチャンスを作るチームだから、彼のプレイが活きている。

――最後に、これからの中島翔哉選手に期待することは?

今の活躍を続けて、将来は彼の持ち味をさらに活かせる良いクラブ、特別なクラブに行くべき。現に欧州チャンピオンズリーグに出場している複数のチームからオファーも届いています。これからも彼の持ち味を活かし活躍するためにエネルギーやモチベーションを高めながら、ステップバイステップで成長と成功を期待している。

ロブソン・ポンテ(Robson Ponte)/ポルトガル1部ポルティモネンセ・テクニカルディレクター。1976年生まれ。ブラジル出身の元サッカー選手。J1・浦和レッズ在籍時(2005-10)の2007年にJリーグ最優秀選手賞を受賞(写真:瀬川泰祐)

もしポンテが中島と同じチームでプレイするなら?

ロシアW杯日本代表選手の登録締め切りは、6月4日である。西野監督はガーナ戦翌日の5月31日に23人の代表メンバーを発表する予定だ。

今回のポンテ氏の反論が中島翔哉の所属するチームの幹部であるという前提を抜きにしても、現実的には、僅かな可能性しかないだろうが、それでも追加招集として中島翔哉のロシアW杯メンバー入りを信じている人は少なくないだろう。

インタビュー取材を終えて雑談している時に、ポンテ氏にこんな質問をしてみた。

「もし、現役の時を考えて中島翔哉と同じチームでプレイするなら、2人はどんな役割になるのですか?」

ポンテ氏は、少し考えながらこう答えた。

「わたしは、中盤の真ん中しかできないけど、翔哉はどこでもできるから問題ないよ。彼はポリバレントだから」

東洋経済オンラインでは、W杯直前の6月5日にセルジオ越後氏による特別トークイベントを開催します。入場無料です(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

西野朗監督が「ポリバレントな選手ではない」として決断した選出は、果たして、どんな結末が待っているのだろうか。日本サッカーの未来を左右するロシアW杯が6月14日に開幕する。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。