米朝会談開催で注目「老華人企業家」本の中身

華人のホテル王がつづる旺盛な企業家精神

書店に並ぶ自伝。トランプ大統領の「暴露本」と並んでいるところに妙味がある(筆者撮影)

昨年秋、老華人企業家の伝記がシンガポールと香港で発売されるや中華圏でブームを呼び、総選挙(5月9日実施)を前にしたマレーシアでは政治的波風まで引き起こした。

書名は英文版が『ROBERT KUOK A MEMOIR WITH ANDREW TANZER』(シンガポール・Landmark社)で、中文版が『郭鶴年自傳 郭鶴年口述 Andrew Tanzer 編著』(香港・商務印書館)。

郭鶴年(ロバート・クオック)――。1923年、マレーシアのジョホール生まれ。1960年前後には「砂糖王」と呼ばれ、1970年代末には拠点を香港に移して「嘉里(Kerry)集団」を率いて物流、シャングリラ・ホテル・チェーン、不動産開発、メディア業界などで辣腕をふるう。北京中枢とも太いパイプを持ち、中国市場でも派手なビジネスを展開し、数年前に香港からマレーシアにUターンした本人が、華人企業家としての自らの人生を振り返ったオーラル・ヒストリーである。

本記事は会員制国際情報サイト「Foresight(フォーサイト)」(新潮社)からの転載記事です。元記事はこちら

戦後混乱期に家族経営から出発し、時代の荒波を乗り越えて「企業集団」と呼ばれる中華圏対応ビジネスモデルを作り上げ、中国が開放されるや中国市場に進撃。1990年代前半の「アジアの世紀」を謳歌し、香港返還直後の「アジア危機」や、2008年のリーマンショックといった2度の世界的危機を乗り越え、「一帯一路」を掲げる習近平政権による中国経済の飛躍的拡大という新たな環境への対応に腐心する華人企業家たち――その典型でもある郭鶴年の人生には、「白手起家(裸一貫)」で創業し、“したたかな商法”で巨万の富を築き上げたといった類の、わが国に見られる類型化した見方では捉え難い旺盛な企業家精神が隠れているようにも思える。

ちなみに、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長との史上初の米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催されると決まったが、もしやその会場は郭鶴年の傘下にあるシャングリラ・ホテルではあるまいか。何しろ2015年11月7日、中華人民共和国建国以来史上初という中国・台湾両首脳の歴史的会談、習近平国家主席と馬英九台湾総統(当時)の「習馬会」の会場ともなっているのだから。

大きかった母親の影響

郭鶴年は父親の郭欽鍳を「商智に関しては他を一等抜いていた。生まれながらの直観と天賦の『経商頭脳』――これぞ華夏漢族の大本――を備えていた」と企業家として高く評価するが、家庭人としては失格の烙印を押す。これに対し、母親の鄭格如を一族の企業集団における「真の創業者である」とまで讃え、企業家として全幅の信頼を寄せると同時に、思慕の情を切々と綴っている。

次ページ英国の管轄下にあった20世紀初頭の福建省福州
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。