進化した靴下は普通の靴下と何もかもが違う

一流アスリートが愛用する最新靴下の秘密

ただ、こうしたニッチなスポーツ用靴下の市場規模は限られており、1社あたりの売上高は2億~3億円が限度といわれています。

そこで同社は、あまりソックスを履かないスポーツ分野への展開を進めています。現在、陸上競技は素足でシューズを履くのが一般的ですが、「靴下の機能次第では成績が良くなる余地はある」(吉村社長)とのこと。伸びてほしいところはゆとりができ、伸びてほしくない土踏まずの部分はサポートするアスリート向けソックスです。

また、最近若者の間で流行りつつあるボルダリング用靴下にも挑戦。従来は裸足に直接靴を履いて登っていたのですが、足裏から出る汗で靴が傷み、臭いもひどいなどの悩みがありました。一度コーマの靴下を履くとその効能がわかり、プレイヤーの間でボルダリング向け靴下の人気が高まっているそうです。

高齢者用靴下とは?

もうひとつ成長市場として期待しているのが、高齢者用靴下の分野です。通常の靴下は筒と足先は鈍角ですが、その部分が鋭角になるように編み方を工夫しました。置いたときに履き口が自然に開くように設計され、かかとには引っ張りやすい持ち手がついています。

体が硬くなった高齢者も片手で履ける「らくらく博士」(写真:コーマ)

体が硬くなった高齢者も片手で履ける製品で、「らくらく博士」と命名しました(税抜き1500円)。身体の一部として負担がないよう無理なく履け、ずれ落ちにくいのにゆったりした設計です。前屈がしにくい妊婦さん方にも好評とのこと。これもコーマの技術で、表糸は綿100%、編み生地の伸縮性を出しているからこそ生まれる履き心地なのです(この商品で日本靴下工業組合連合会理事長賞も受賞)。

「らくらく博士」の構造(写真:コーマ)

「後追いをせずに我慢して商品開発をしたことが、結果として先回りになりました。技術開発で苦境を乗り越えてきた経験が、難しくても挑戦しよう、という社風になっています。アスリートをはじめ、アクティブに働く人たち、そしてお年寄りにも、パフォーマンスの上がる靴下を引き続き提供していきたいと思います」と吉村社長。

90年の歴史、靴下全工程の自社一貫製造といった特長に加え、このチャレンジ精神が同社を今後とも支えていくと思いました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。