ロールス・ロイスCEOが語る世界戦略

2940万円からの超高級車、日本では年90台販売

今年から販売を開始した「レイス」

エントリーモデルで2940万円、最高級モデルは5640万円と、異次元の超高級車ブランド「ロールス・ロイス」。1904年創業のイギリス高級車メーカーを発祥として、曲折を経て、2003年にドイツBMWがブランドを買収、新たな自動車会社「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」として再出発した。

リーマン・ショック、欧州経済危機と、超ラグジュアリー商品にとっては厳しい環境が続いてきたが、出遅れていたアジア・大洋州地域への販売網拡充が功を奏し、業績は拡大基調にある。

2012年のグローバル販売台数は3575台。そのうち日本は90台程度を占め、正規代理店であるコーンズ・モータースやニコル・グループが販売している。アジア・大洋州地域では、中国に次ぐ台数だ。

日本の販売環境も好転

では、日本での事業の状況はどうなのか。インタビューに応じたトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOはこう語る。

「日本での事業環境は、新しい経済政策の影響もあり、好転している。顧客がショールームに戻ってきている。ハイエンドのラグジュアリーカーを買おうという意欲が出てきているようだ。2013年も販売台数は増やせるだろう」。

次ページ目指すは「安定成長」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT