ホンダの新型「フィット」、トヨタを猛追

9月末までの累積受注は5万7000台を記録

9月6日に発売されたホンダの新型フィット。9月30日までの累計受注台数が5万7000台以上に達した。月間販売目標1万5000台に対して3.8倍と、予想通りの好調な出足だ。このうちハイブリッド車は70%以上を占めており、あらためて日本市場でのハイブリッド人気が裏付けられた格好だ。旧車種は約5割がハイブリッドだった。

ホンダにとって、新型フィットはコンパクト車の最重要機種だ。ハイブリッド車の場合、最高燃費はガソリン1リットル当たり36.4キロメートル。ライバルであるトヨタ自動車の「アクア」の同35.4キロメートルを上回っている。

寄居工場で本格量産へ

10月4日に発表された9月の車名別販売ランキングでは、フィットは1万9388台と、首位アクアの2万6543台、プリウスの2万3069台の後塵を拝した。ただ、こちらの数字は実際に客にわたった台数なので、受注からはタイムラグが出る。

フィットは現在、量産の立ち上げ段階で従来の鈴鹿工場(三重県)で生産されているが、11月以降はフィット用に立ち上げた寄居工場(埼玉県)での本格量産が始まる。生産ピッチが上がってくれば、販売数字にも反映されてくるだろう。念願の販売トップ奪取に期待がかかる。

次ページトヨタも反撃へ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT