スズキの“隠れたドル箱”「キャリイ」の進化

日産、マツダ、三菱自にOEM供給も

田園風景が広がる田舎道や海沿いの道路をドライブしていると、必ずと言っていいほど目にするのが軽トラック。農業や漁業、配送業など、「地方の足」として欠かすことができない商用車だ。

その分野でトップに君臨するのがスズキの「キャリイ」。1961年発売で、累計販売台数420万台を誇るロング・ベストセラー軽トラックである。このキャリイが14年ぶりにフルモデルチェンジ(全面改良)し、11代目として9月20日に登場する。

50kg軽量化、燃費は18.6km/Lとクラストップ

新型は従来モデルから50キログラムの軽量化を実施し、ガソリン1リットル当たり18.6キロメートルとクラス最高の低燃費を達成した。居住空間も、フロントウインドーを前方に移動するなど、前方空間を拡大。ドア足元の開口部を広げることで、長靴などを履いても足を出しやすくした。価格は66.5万~113.5万円という設定だ。

国内商用車のなかで軽トラックが占める割合は高い。2013年3月末時点での国内での商用車の保有台数は1466万台。そのうち軽トラックは470万台と3割を占める。スズキの調査によると、スズキの軽トラックユーザーのうち、約5割が農林水産業に従事する人々となっており、ユーザーにも特徴がみられる。「軽トラックは農林水産業の方や小売業の方などに使われ続ける隠れたベストセラー」。鈴木修会長兼社長は言う。目立たないが“隠れたドル箱”なのだ。

新型キャリイの年間販売目標は5.5万台。軽トラックは同ブランドでの乗り換えが多いという。国内営業を担当する田村実副社長は現行のキャリイユーザーに対する販売施策として、「下取り価格の引き上げなどで、販売増につなげる」と意気込む。

次ページ名物経営者・鈴木修氏の“原点”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。